2018年04月30日

宣命院

深川辺りを歩いていたら、石地蔵らしきものが見えたが、「地蔵菩薩」ではなく「上行菩薩」である旨が書かれていた。

宣命院1.jpg


堂内の縁起に曰く「病苦に悩む人がお題目を唱えて、尊像の患部をたわしで洗い祈願をすると苦痛がやわらぎ、毎日参詣を続けることによって全快」

尊像の患部をたわしで洗うとその部分の苦しみがとれる、という民間信仰は、日本全国にある。「あらい仏」である。

しかし、「とげぬき地蔵と同じだ」と言えば、きっと怒られてしまうのだろう。日蓮宗として、「南無妙法蓮華経」のお題目と信仰心が大切だ、という一線は守っているのだから。

地蔵としないのも、日蓮宗だから、敢えてオリジナリティを出したのかなと思う。ただ、同じ日蓮宗寺院でも、「あらい仏」を置く場合は「上行菩薩」ではなく「浄行菩薩」としているところが多いようである。

http://gompa.seesaa.net/article/420659804.html
http://gompa.seesaa.net/article/446106633.html

「上行菩薩」にしろ「浄行菩薩」にしろ、釈迦が法華経を説いたときに大地より湧き出した四菩薩の一員で、この経を広めることを付嘱されたとされる。

「湧き出した」というのがいいではないか。

宣命院2.jpg


*宣明院
仏教 日蓮宗
〒135-0023 東京都江東区平野2丁目3−4
03-3641-6681
(都営大江戸線「清澄白河」あるいは「門前仲町」。中華人民共和国大使館教育処の少し北。「平野」の交差点辺り。)
管理人の訪問日:2017年11月13日
posted by HIRO at 19:48| Comment(0) | 仏教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする