2018年08月24日

愛宕神社(池田)

昔の京都の町家の展示を見ると、「火迺要慎(火の用心)」と書かれた愛宕(あたご)神社の御札が厨房の上方に貼ってあるのが定番になっている。今でも古めかしい食堂で見ることが多いから、かなり普及した習慣だったらしい。

IMG_20160709_143457.jpg


家屋が木造だけの時代、特にそれが密集していた都市に住む人々にとって火難除けは一大事である。「火の用心」なんか自分で書いて貼っても同じだろうと割り切れる人ばかりではない。火災予防に霊験ありという愛宕信仰は、近畿を中心に全国に広まった。

総本社である京都・愛宕山(あたごやま)の愛宕神社は、8世紀に光仁天皇の勅命で和気清麻呂が愛宕大権現(あたごだいごんげん)という神を勧請したのが始まりである。愛宕大権現は勝軍地蔵という軍神としての地蔵菩薩の化身とされる。だから、江戸時代までは神仏習合だった。山岳信仰とも結びつき、修験道の色も濃かったようである。天台宗4院、天台・真言兼宗2院の僧侶と山伏の共同管理だったというから、天台系が強かったのか。

近郊の池田にもこの信仰は伝わったが、伝えたのは天台宗系(本山派)と真言宗系(当山派)の山伏で、双方勢力争いをしていた。

IMG_20160703_151205.jpg


彼らの仲たがいに池田の酒造業者間の紛争が結びつき、真言宗系の山伏に味方した零細の造り酒屋四人(多田屋・板屋・中村屋・丸屋)が、1644年に池田の五月山山上で竹に火をともして、「京都の愛宕の火が池田に来た」という流言を広めさせた。それで、神社を建立し愛宕火(あたごび)という祭礼を行うようになったのが、今日まで続く池田の愛宕神社と「がんがら火祭り」の始まりである(がんがら火保存会 n.d., 池田大好き2016)。

かつては池田の愛宕神社に河内の愛宕講からも参拝者があったという(池田市史編纂委員会 1998:178)。それだったら京都まで行けばいいのにと思うが、やはり池田に行く方が楽だったのだろう。

IMG_20160703_150242.jpg


手軽に行ける五月山の新愛宕が繁盛したので、京都の愛宕神社からは抗議が来た。が、箕面の勝尾寺宝泉院が京都所司代にはたらきかけて和解を果たす。その後、この新しい愛宕は勝尾寺宝泉院と高法寺の支配を受けるようになった(がんがら火保存会 n.d.)。勝尾寺も高法寺も真言宗である。

IMG_20160703_150141.jpg


さらに、高法寺はかつて地域の会所としての機能があり、そこに集まる庄屋衆が愛宕神社の権利の一部を獲得し、17世紀末には愛宕神社は池田の町全体が管理する形となった(Ibid)。

酒造業者の流言のことなどの経緯が記されたのは、1727年頃作成された伊居太神社の「穴織宮拾要記」(Ibid)。記録まで時間が空いてはいるが(1644→1727)、神社の創建が特定の立場の人々の特定の利益関心と関わっていることは当時から知られたことだったのだろう。それでも、信仰としてちゃんと成立するわけである。

後、火災除けの神様としては宝塚の清荒神が流行して、個人として清荒神の御札を厨房に祭る向きもあったらしい。しかし、本百姓の身分を持つ者全員が愛宕講に参加していたという(池田市史編纂委員会 1998:62)。

もうこうなると、ご利益を信じるとか信じないとか関係なくなってしまう。例え、別の神様の方がいいと思っても、火伏の御札なんか自分で「火の用心」と書いても同じじゃないかと思っても、地域的なしがらみで神社が存続するシステムが出来上がっているのが面白い。

IMG_20160703_145830.jpg


現在の池田の愛宕神社には、神仏分離以前の修験道とのしがらみもしっかりと残っており、不動明王や修験道の祖である役行者が祭られ、大峰入りを記念する山伏の塔も建てられている。

IMG_20160703_145553.jpg


愛宕の本地は地蔵とされるので、今日でも両者の縁日は同じ24日である。「がんがら火祭り」は毎年8月24日に行われるが、池田市内の地蔵盆も、おおむねこの辺りに行われるようだ。

参考文献
がんがら火保存会 n.d.「がんがら火の歴史」『大阪池田のがんがら火 公式ホームページ』
http://www.gangara.gr.jp/history.html
池田大好き 2016 「池田「がんがら火」と造り酒屋」(2016年1月27日水曜日)『北摂池田の郷土研究』
http://osaka-ikeda.blogspot.com/2016/01/blog-post_76.html
池田市史編纂委員会 1998『新修池田市史』第5巻民俗巻 池田市

*愛宕神社(池田)
神道
〒563-0051 大阪府池田市綾羽2−20
072-751-1019
(阪急「池田」下車。北方の五月山の山上。徒歩20分ほど。)
管理人の訪問日:2016年7月3日
posted by HIRO at 17:05| Comment(0) | 神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする