2018年12月24日

青島天主教堂

権力者は高い所に宗教施設を造るのが好きなのだろう。青島のプロイセン占領時代にドイツ人の造ったカトリック教会も例外ではない。しかもえらく立地がよくてバカでかいものだから、同時期に建造されたプロテスタント教会よりもよほど威張っているように見える。

青島天主教堂1.jpg


それでも今はすっかり中国人のための教会。色んな所にやたらと漢字でああだこうだと書いてある。「粛静」の二文字が目立つが、観光客のうるささに手を焼いているのだろうか。

青島天主教堂4.jpg


偶像を嫌う一神教のはずだが、聖アントニウスやら聖フランシスコやらピエタやら何やらたくさんの塑像があり、そのぼってりとした質感は道観で見る神像の味わいに似ている。

青島天主教堂3.jpg


土産物には「福」の字の飾り物に混じって「愛」の字の飾り物。なるほど。

このにぎやかさは近くのプロテスタント教会には見られない。

青島天主教堂2.jpg


かつて西欧のカトリックはゲルマンやケルトの土着の伝統を吸収してクリスマスやイースターの習俗を作り上げた。中国にあっても、カトリックは泥臭いものと親近性が高いのかもしれない。

*青島天主教堂
キリスト教 カトリック
中国山東省青島市市南区浙江路15号
(0532)82865960
(鉄道駅「青島」から湖北路を東進、浙江路との交差点で浙江路沿いに北進。)
管理人の訪問日:2016年8月13日
posted by HIRO at 17:48| Comment(0) | キリスト教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする