2019年01月02日

禅居庵

建仁寺の塔頭に摩利支天という神様を祀っている所がある。禅居庵という寺である。摩利支天は陽炎の神格化で、昔の日本では武士の守護神として信仰されたとの由であるが、一切の災厄を免れるご利益があるそうだから、武士がいなくなっても通用しそうである。この摩利支天の乗り物は猪なので、ここにやたらと猪のオブジェがある。

禅居庵2.jpg


狛犬が狛猪。手水の蛇口も他の寺社だったら龍になっている所が猪で、これがセンサーで水が出るようになっていてちょっとびっくり。

禅居庵3.jpg


猪ばかりが目立つが、目立たないところに色々な祠があり、隅の方に「三光威徳天」と書かれた小さな社が見える。

禅居庵1.jpg


「大威徳明王」というのは密教系の忿怒尊として有名であるが、「三光威徳天」というのは聞かない。

「三光宮」なら宮城県の青麻神社を中心とする中風除けの信仰であるが、もしそうなら何故「三光威徳天」と称されるのか、分からない。

この宮城県の青麻神社を中心とする中風除けの信仰は関西ではあまり見られない。ただ、大阪の玉造に三光神社というのがある。もとは仁徳天皇と稲荷を祀る神社だったが、青麻神社から勧請した「三光宮」の人気によって、「三光神社」になったようだ。

http://gompa.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8EO%8C%F5%90_%8E%D0

もしかしたら、禅居庵も、幕末か明治に青麻神社から「三光宮」を勧請して祠を造ったのかもしれない。が、大阪の三光神社のような人気がなく、あるいは一時期は人気があったもののその後廃れて、今は目立たない位置にあるのかもしれない。

寺社はご利益が商品であるから、その陳列にも色んな工夫が必要だ。大阪の「三光宮」は末社から昇格して主祭神の母屋をとった。京都の「三光威徳天」はそれに失敗したのかもしれない。

だから、京都の建仁寺の塔頭・禅居庵の片隅にある「三光威徳天」の祠が、もし宮城県の青麻神社から勧請された神様のなれの果てなら、面白いなあと思うのである。

でもまあ、これは宮城県の青麻神社を中心とする中風除けの「三光宮」信仰とは何の関係もないかもしれない。私が勝手に想像しているだけである。「威徳天」が付いている理由も分からないしね。

禅居庵4.jpg


いずれにせよ、今の禅居庵は宮城県の青麻神社を中心とする中風除けの「三光宮」信仰に頼る必要は全然なくて、摩利支天信仰で十分やっていける。だから境内が猪だらけなのだ。

*禅居庵(建仁寺塔頭)
仏教 臨済宗建仁寺派
〒605-0811 京都府京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町146
075-561-5556
(京阪電車「祇園四条」下車。四条通を少し東進した後右折して大和大路通を南下。建仁寺の山門よりも南。京都ゑびす神社の向かい。)
管理人の訪問日:2015年9月25日
posted by HIRO at 10:18| Comment(0) | 仏教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする