2019年01月03日

徳大寺

東京にも摩利支天を祀っているお寺があるというので、用事のついでに行くことにした。徳大寺という日蓮宗のお寺である。

徳大寺1.jpg


お寺は上野の賑やかな商店街の中にあって、西側から寺に近づいていくと、周囲のお店にはめ込まれるように小さな仏堂が見えて来て、中に石仏が祀られているのが分かった。徳大寺のお堂らしい。浄行菩薩である。

徳大寺2.jpg


自分の体の悪い部位と同じ部位を洗えば、痛みや病が癒されるという「あらい仏」。織田作之助は大阪の日蓮宗寺院にある「あらい仏」を「石地蔵」と書いているが(織田 1976)、法華経に登場する浄行菩薩である。日蓮宗ではオリジナリティにこだわるように思う。他宗派でもよく見られる「地蔵」は、日蓮宗にとってはポピュラー過ぎるのではないか。ここも「あらい仏」が浄行菩薩だったので、如何にも日蓮宗らしいと思った。

http://gompa.seesaa.net/article/420659804.html
http://gompa.seesaa.net/article/446106633.html

で、ちょっとうれしくなって、本堂に向かう。浄行菩薩堂から少し行くと、徳大寺の山門が見えて来る。

徳大寺3.jpg


入口に由緒書があり、ここの摩利支天が力(気力、体力、財力)の守護神として霊験あらたかな旨書かれている。

摩利支天はもともとインドの陽炎の神。自らの姿を隠して災難を除くとされる。私は摩利支天に「ふにゃふにゃしながら難を逃れる」というイメージを持っていたので、「気力、体力、財力の守護神」という日蓮宗的な前向きさは新鮮だった。

門から本堂まで上がっていく階段の途中に狛犬があった。摩利支天の乗り物は猪だから、狛犬が狛猪になっていると思い込んでいたが、ふつうの狛犬。まあ京都の摩利支天堂と同じでも面白くなかろう。

徳大寺5.jpg


本堂に摩利支天が祀られているが、向かって右脇の露台には日蓮聖人、七面天女と、明らかに日蓮宗オリジナルの尊格。さらにその横には「縁結び地蔵尊」、、、

徳大寺4.jpg


ああ、地蔵菩薩もありなのか、、、「あらい仏」を石地蔵じゃなくて浄行菩薩にするぐらいだから、地蔵は使わないのかと思ったが、さに非ず。しかも、着物を着た女の人がひざまずいて何か必死にお地蔵さんに祈っているという、ちょっとシュールな像。「縁結び地蔵尊」というからには、やっぱり「縁」を祈っているのであろう。「彼氏ほしい」とか「夫が浮気をやめますように」とか堂々とお願いしている女の図。やっぱりオリジナリティにあふれていると言えよう。

日蓮宗的かつ江戸っ子的な元気にあふれているお寺。

まあ、私は「ふにゃふにゃしながら難を逃れる」という方が合ってるけどね。江戸っ子とちゃうし。

参考文献
織田作之助 1976「大阪発見」
http://www.aozora.gr.jp/cards/000040/files/4106_7695.html

*徳大寺
仏教 日蓮宗
〒110-0005東京都台東区上野4丁目6-2
03-3831-7926
(東京メトロ銀座線「上野広小路」下車徒歩数分。中央通りを北上。「カラオケルーム歌広場」の所を右折。アメ横の「二木の菓子第一営業所」向かい。JR「御徒町」からも近い。)
管理人の訪問日:2018年12月21日
posted by HIRO at 09:52| Comment(0) | 仏教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする