2019年05月13日

善想寺

非公開文化財特別公開で、四条大宮近くの善想寺という浄土宗寺院に行ったら、やたらと「皇室とのゆかり」と「神仏習合」とを強調しているので面白いと思った。

善想寺2.jpg


まず、本堂本尊の阿弥陀如来からして、仏像の前に神鏡が祀られている。寺ではこれを皇族が阿弥陀如来を祀ることを表している、と説明している。

神仏習合において阿弥陀如来がアマテラスオオミカミ(天照大御神)と同体とされることがあるから、神鏡もこれを表現しているのか。神仏習合を通じて、仏教と皇室の権威がつながる。

(ちなみに、私は神仏習合が大好きだけれど、「神仏習合は日本人の宗教的寛容性の発露だ」というもの言いは大嫌いである。どうでもいいが。)

他にもこの寺が上皇の御所の跡地に建立されていること、皇族造立の石仏があること、本堂に菊の御紋があしらわれていること、等が強調される。(葵の御紋もあったから、よほど権力に取り入るのが上手だったと見える)

善想寺1.jpg


ここには「体制に抑圧されていた鎌倉新仏教」のイメージは皆無である。

寺でもらったリーフレットの「建永の法難」に言及されている箇所を見ると、「(法然上人は)既成教団の圧力などから、弟子のある過ちにより法然上人は僧の資格をはく奪され、流罪となり、、、」と書かれている。

哲学の道沿いにある安楽寺(浄土宗単立)では、後鳥羽上皇の女官を出家させて死刑になった住蓮と安楽は殉教者扱いされていたが、この善想寺ではあくまで住蓮と安楽が「過ち」を犯したという扱いになっているわけだ。法然を流罪にした後鳥羽上皇の名前は出て来ない。

http://gompa.seesaa.net/article/465632465.html

日本は超越的、絶対的なものに対する感覚が鈍いけれど、かといって合理主義的な世俗社会でもない。「宗教」という文言は敬遠される一方で、伝統とか世間のしがらみとかいう類は好む人が多い。

「宗教」と名指される日本仏教も、むしろ伝統とか世間のしがらみとかの方を大切にしているようだ。「阿弥陀如来による救済」を語り、超越的、絶対的なものを志向しているように見える浄土系教団も例外ではない。

例外ではないが、善想寺は些か極端である。そこが面白いと思う。

*善想寺
仏教 浄土宗
〒604-8336 京都府京都市中京区三条大宮町240
075-841-1658
(阪急「大宮」駅下車。徒歩7分ほど。大宮通北上、大宮六角郵便局で左折、六角通を少し西進した所)
管理人の訪問日:2019年3月2日
posted by HIRO at 21:31| Comment(0) | 仏教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

安楽寺

哲学の道を散歩した時、安楽寺という寺に立ち寄ってみた。

安楽寺1.jpg


法然の弟子、住蓮と安楽が後鳥羽上皇の寵愛した女官を出家させたというので死刑になり、法然自身も流刑になった。いわゆる「建永の法難」である。安楽寺は、その死刑になった僧たちゆかりの寺だ。

安楽寺4.jpg


だからこの寺の売りは、松虫・鈴虫というその女官たち。当時19と17であり(数えだから17と15だったかもしれない)、綺麗だったらしいから、売りになる。堂内にはこの二人のイラストやら絵本やら、この二人の出家を題材にした声明やらが置いてあった。華やかな院の御所で栄耀栄華を極めたが、それだけに人の妬みやそねみが辛く、世のはかなさを感じたとか。

これは、何となくしっくり来る話というか、「体制に抑圧されていた鎌倉新仏教」のイメージと合っている。未成年の女の子が被害者になっている辺りも心憎い。ははあ、天皇家はちゃんと反体制派を弾圧しているではないか。

安楽寺2.jpg


ただ、松虫とか鈴虫とか、室町時代に付加された名前らしい。あくまで脚色された「建永の法難」物語なのだ。

宗教には「体制を維持する機能」と「体制を革新する機能」の両面があると言われているが、法然の法灯も例外ではない。新興勢力として出て来たものの、その後は貴族や武士の庇護を受けているし、江戸時代には徳川家の菩提所として隆盛を誇った。法然は天皇から「平成」に至るまで八つも大師号をもらっている。

安楽寺3.jpg


まあ、でも両義的なのであれば、両義的な語り方双方を担保しておくのがいいように思う。

私自身、天皇制を何としても是が非でも攻撃せねばならぬと思っているわけでもないので特段かまわないのだが、世の中にこうまで批判が少なくなっては、何となくもの足りないのである。元号とか面倒くさいしね。

*安楽寺
仏教 浄土宗単立
〒606-8422 京都府京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町21
075-771-5360
(阪急四条河原町駅より市バス32系統銀閣寺前行「南田町」下車、山に向かって徒歩5分哲学の道より一本山際の、通称”隠れ道”に面している。法然院の南側。石段の上に見える山門が目印。)
管理人の訪問日:2018年11月18日
posted by HIRO at 10:21| Comment(0) | 仏教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする