2019年06月27日

皇寺(実勝寺)

清朝がチベット仏教を保護したのはよく知られているところであるが、彼らが最初に東北に造ったゲルク派寺院は盛京(瀋陽)実勝寺、1636年建立である。皇室と関係が特に強いということか、「皇寺」と呼ばれている。

皇寺1.jpg


特にモンゴル人との関係を意識しての保護だったと言われる。乾隆帝はこの寺に来た時に『易経』に出てくる「神道設教」という言葉を用いて詩作している。自身もチベット仏教の信者だったようだが、儒家の古典で表現しているのがすごいではないか。

皇寺4.jpg


行ってみたら、今でもモンゴル人の寺だった。お坊さんの一人に聞いたら、この寺の僧侶は全員モンゴル族で、内蒙古から来ている人もいるとのこと。

皇寺3.jpg


で、民族色にあふれているというか、建築自体は漢地風とはいえ、当然チベット仏教のお寺だから、ルンタ、マニ堆、マニ車、大きな香炉などが実に色鮮やかだ。

皇寺6.jpg


「しかし」というべきか、「だから」というべきか、、、境内は中国政府に従いますというアピール、あるいは従えという強制、あるいはその両方の表れがやたらと目についた。

皇寺2.jpg


大雄宝殿には民国政府に従ったパンチェンラマ9世と今の中国政府が金瓶掣籤で選んだパンチェンラマ11世の肖像画。この地で(モンゴル人も含め)かような問題を問題にする人もさほどいないと思われるのだが、、、

「宗教事務条例」に『習近平語録』、、、

皇寺5.jpg


「社会主義核心価値観」24文字が綺麗な吊り灯篭として堂宇を飾っているのも心憎い。どうせなら楽しく、ということだろう。

皇寺7.jpg


そういえば、学生時代に中国共産党の民族宗教政策の勉強をしていたとき、たまに資料で「習仲勲」という名を目にしたことを思い出す。あの人の息子がこんなに偉くなったのか、、、と思うと感慨深い。

一方でちゃんと宗教的雰囲気も濃厚。熱心に五体投地をする女性信徒たちの姿も見られ、そのための石の台まで用意されている。

歴史にしろ文化にしろ政治にしろ、、、色んな意味あい意味付けが原色でぎゅっと詰まっていて、素敵にくらくらする寺だった。

*皇寺(実勝寺)
仏教 チベット仏教 ゲルク派
中国遼寧省瀋陽市和平区皇寺路206号
(地下鉄2号線「市府広場」下車。市府大路を少し東進、北三経街で北上、皇寺路との交差点まで行く。)
管理人の訪問日:2019年4月27日
posted by HIRO at 21:09| Comment(0) | 仏教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする