2019年08月15日

昆陽寺

伊丹市内では有名な寺なのだが、私が行ったときはひっそりした感じだった。

昆陽寺1.jpg


木が多く植えられている分、全体的に暗めになっている。

昆陽寺2.jpg


街中にある割には広い境内で、本堂、観音堂に納骨堂、、、立派な堂宇の外、至る所に古さびた石造物が安置されている。

昆陽寺3.jpg


ある空間では多数の小さな石仏が四国八十八か所の各札所を代表している、大きな真言宗寺院でよくあるパターン。お遍路さんの疑似体験ができるという設定だ。

昆陽寺7.jpg


加えて、別の一画には、西国三十三番霊場を代表する石仏も、、、両方とは、なかなか欲張りだ。多宗派共存である。

昆陽寺4.jpg


さらに、役行者の像。修験道の影響も受けていることが分かる。小さな神社とか色んなものがある。神仏習合。真言宗にこだわらないのが真言宗である。

うす暗い杜の中、そんな多種多様のモニュメントが立ち並ぶ。

昆陽寺5.jpg


とか、思っていたら忠魂碑登場。脇に兵隊さんの石像が立っている。素朴さに何とも言えない凄みを感じる。まじめにキッチュな物を造っていたら、もはやキッチュなどと言ってはいけない。怖がっていいぐらいだ。

レトロというのはまだどこかしら演出的なアナクロで、この寺はむしろ昏い土俗的なおどろおどろしさにあふれている。

昆陽寺6.jpg


そういえば、お遍路さんも死装束だったと思い出す。「メメント・モリ」を強烈に意識させる古刹。

*昆陽寺
仏教 高野山真言宗
〒664-0026 兵庫県伊丹市寺本2丁目169
072-781-6015
(阪急伊丹線「伊丹」より市バスで「昆陽の里」下車すぐ)
管理人の訪問日:2016年7月24日
posted by HIRO at 12:50| Comment(0) | 仏教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

北海道神宮

今の神社は外国人観光客を非常に意識していて、おみくじなども外国語で書いたのを売っていることがある。

北海道神宮3.jpg


北海道神宮では「台湾語」おみくじなるものを売っている。引いてみれば「要注意感冒和消化系統的疾病、只要早日治療、不會有大問題」云々と書かれていた。

台湾人でなくとも少し漢文ができれば読めるようだが、敢えて「台湾語」として繁体字のくじのみ売るからには、大陸よりも重視している格好だ。あるいは神社関係者なりのイデオロギー的要素があるのかなどと益体もないことを考える。

ただ、境内には本当にたくさんの中国系観光客が来ていて、当然だが今は大陸からの旅行者の方が多いと思われる。実際、お守りの広告のチラシは繁体字版も簡体字版も置いてあった。

北海道神宮4.jpg


数だけ考えたらおみくじなどもむしろ大陸の方を重視するのが合理的であろう。

絵馬を見れば、日本語以外に色んな言葉で書かれており、中国語は繁体字のも簡体字のもある。

繁体字の中に「悪法が撤回されますように」という香港人の祈願を見つけ、以前別の神社に「雨傘革命が成功しますように」と書かれた絵馬があったのを思い出す。

http://gompa.seesaa.net/article/415163317.html

まあ数だけ考えるのもひどい話だ。色々と配慮するのがよろしかろう。

北海道神宮1.jpg


*北海道神宮
神道
064-8505 札幌市中央区宮ヶ丘474
011-611-0261
(地下鉄東西線「円山公園」下車、西へ徒歩15分)
管理人の訪問日:2019年8月11日
ラベル:日本 神道 北海道
posted by HIRO at 22:42| Comment(0) | 神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする