2019年08月18日

東塔(護国永光寺)

瀋陽で長年仕事をしている年配の日本人の方に「東塔」のことを聞いたら、少し残念そうだった。

「公園があって風情のある所だったけど、最近新しくお寺が建って、、、」

お寺が建ったらだめなのかなと思った。

瀋陽には清朝が17世紀に城外東西南北それぞれに建てた仏塔があり、それぞれにチベット仏教寺院が併設されていた。後世いくつかは寺の方がさびれて塔だけになっていたのである。

東塔1.jpg


東塔に関していえば、日露戦争で寺院部分の永光寺が破却され、満州事変の際日本軍の飛行機で塔が損壊した。ずっとそのままだったらしいのだが、文革を経て改革開放が始まった1984年になって瀋陽市政府が東塔を修復し、塔を中心に公園を造った。2005年になって東西南北の塔を瀋陽市仏教協会が管理することになり、2008年には東塔に付属していた寺の方も修復することになったとの由(梁、呉 2016)。

その割に寺の方の再建計画が正式に始動するのが2016年で(Ibid)、その間「塔を中心とした公園」の状態がずっと続いたことになる。先述の日本人が好んだ公園はこれである。市仏教協会と市政府の各関係部門の関係するプロジェクトなので、行政の肝いりで進められていることになる。

で、私が訪れた2019年6月の時点で、まだ寺は完成していなかった。工事中である。

東塔3.jpg


寺の門前にあった由緒書には2017年4月に工事が開始され、6か月で完成したようなことが書いてあるのだが、内装やら仏像やらは未完成である。

僧侶の姿も見えず。境内に中年女性が三人ほど所在なげに座っていたので、僧侶は何人か聞くと「知らない」との答え。

なかなかじっくり慎重にやっていると思いながら、中をうろついていると、一つだけ立派に完成しているお堂があった。関帝を祀る「財神殿」。内部は全面金色で、壁にはお金のレリーフ。文字通り光輝いている。お寺の中でも金もうけ祈願の優先順位が高いわけだ。

東塔4.jpg


確かに日本人が考えるような風情はないけれど、これはこれで面白い。

もともとはチベット仏教寺院だったはずだが、チベット風のものは塔ぐらいだった。

東塔2.jpg


あと、塔の前に五体投地用の石板が三つ。私物らしきマットが無造作に置かれていた。あるいはあの人たちのだったのか。

参考文献
梁馨月、呉長権 2016「尋訪瀋陽東塔永光寺」『人民網』2016年10月28日09:14 来源:『瀋陽日報』
http://ln.people.com.cn/n2/2016/1028/c378323-29218194.html

◎東塔(護国永光寺)
仏教 チベット仏教ゲルク派 中国仏教
中国瀋陽市大東区東塔街2号
(バス237号、140号「東塔公園」下車すぐ。あるいは地下鉄一号線「黎明広場」下車。東進して川に行きつけば、そのまま川沿いに南下する。)
管理人の訪問日:2019年6月7日
posted by HIRO at 10:29| Comment(0) | 仏教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする