2020年05月15日

今宮神社

少し前のことだが、「玉の輿」祈願だらけに違いないという独断と偏見のもとに、紫野の今宮神社に行ってみた。

今宮神社1.jpg


東京の今戸神社では恋愛祈願だらけだったから、あながち的外れな予想でもあるまい。実際、低い身分から将軍の生母まで上り詰めたとされる「お玉」ゆかりの神社で、盛んにそれを宣伝している。

http://gompa.seesaa.net/article/463526870.html

ただ、じっくりと絵馬を観察してみると、祈願内容は意外に多様であった。確かに恋愛成就を願うものは比較的多かったが、明確に「玉の輿にのれますように」と書いてあったのは、私がその時見た中では二つしかなかった。中には「今の人と別れてもっといい人と結ばれますように」というものもあり、縁切りと縁結びは表裏一体なのであるなあとしみじみと気づかされる。

今宮神社3.jpg


恋愛関係以外に合格祈願もあり、又病気回復祈願も多かった。

主祭神はオオナムチノミコト(大己貴命)、コトシノヌシノミコト(事代主命)、イナダヒメノミコト(稲田姫命)。境内摂社により古い伝承を持つ疫神社があり、こちらはスサノオノミコト(素戔嗚命)を祀る。

今宮神社4.jpg


ルーツを考えれば、「病気回復」が本来のご利益らしい。

神社のホームページによれば、994年に船岡山で疫病を鎮めるための「御霊会(ごりょうえ)」が行われ、疫神を1001年に現在の地に遷して祭礼が行われ、これが神社の創祀となったという(紫野今宮神社 n.d.)。

今宮神社5.jpg


この神社の花やかな「やすらい祭り」も、本来の趣旨は疫病除けである。鉾や花傘を持った人々の行列が練り歩き、赤と黒の鬼が笛や太鼓に合わせて踊る楽しいお祭りで、風流を凝らし歌舞することで疫病厄災を祓うことを願う。

これは「鎮花祭」の一種という。花の散る頃に疫病神も分散して疫病を流行させると考えられたことから、これを鎮めるために行われる祭りである。

美と残酷さが表裏一体になった、凄まじいコンセプト。

今年のこの祭りは新型コロナウイルス拡大のせいで中止になったというから皮肉である。

今宮神社2.jpg


関西のスサノオノミコトの神社は、神仏習合の時代はほとんど疫病除けの神・牛頭天王の社であった。現代にまさか伝染病がここまで流行るとは思っていないので空前絶後の気分になるが、牛頭天王系の神社の多さを思うにつけ、昔はこういうことが頻繁にあったのだと気づかされる。

参考文献
紫野今宮神社 n.d.「歴史」『紫野今宮神社』
http://www.imamiyajinja.org/history/

*今宮神社
神道
〒603-8243 京都府京都市北区紫野今宮町21
075-491-0082
(市バス46番『今宮神社前』下車すぐ、1番・12番・204番・205番・206番・北8番・M1番『船岡山』下車 徒歩7分)
管理人の訪問日:2018年11月24日
posted by HIRO at 23:14| Comment(0) | 神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする