2020年05月30日

竜安寺

緊急事態宣言全国的解除後の最初の週末。

外国人観光客はまだ入れない。

めったにないチャンスだから、ふだん参観者でごったがえす有名寺院に行ってみようと思い立つ。

二十五年以上前に行った時、人間の背中で壁が作られ、かの石庭が見られなかったのを覚えている。それ以来ずっと、私の中で枯山水が名高い竜安寺のイメージは「人が多過ぎて落ち着かない」だった。今こそリベンジだ。

一方で「第二波」やら「合成の誤謬」やらの言葉が頭をよぎる。本当に行ってもよいものだろうか。同じことを考えている人たちでいっぱいなのではないか?

竜安寺1.jpg


おっかなびっくり嵐電で赴けば、人はほんのり、ちらほら。全く無人で寂しいという感じではないが、だいたい周囲に二、三人しかいない。

竜安寺2.jpg


有名な石庭の前にも三、四人しか座ってなくて、十分に参観可能。後ろを見れば、薄暗い畳の間がシックな雰囲気を醸し出しており、ひっそり静か。ここぞとばかりに興奮してうろちょろうろちょろしてしまう。

竜安寺3.jpg


私の記憶の中には石庭の前の人垣しかなかったのだが、石庭の外には広大な池泉回遊式庭園が広がっている。植物も水も土地も豊富なのに、敢えて石と砂で小さな抽象芸術を作るのだから贅沢だ。池の方も非常に美しいと素直に感動し、せかせかせかせか写真を撮る。

竜安寺7.jpg


熱に浮かされたように歩いていると、湯豆腐1500円のメニューが目に入ってきた。長年京都に通学・通勤してきたが、湯豆腐とはとんと縁がない。高級料理と思っていたが、1500円で食えるものなのか。じゃあ食おう。

竜安寺6.jpg


塔頭の湯豆腐屋に入ってみれば、これがまあ雅な店構え。鯉の泳ぐ日本庭園が見えている。雅のあまり「ヒロイケお断りどすえ」と追い返されそうな勢いだが、いかんせんここも客がいなかった。

竜安寺4.jpg


20畳ほどの部屋だろうか。私が入った時は客三人。ほどなく私一人になり、あまりのゴージャスさにここぞとばかりうろちょろうろちょろ、、、

竜安寺5.jpg


うろちょろしていたら湯豆腐が出て来る。湯豆腐に縁がないために間近に見たことがなかったが、いったい湯豆腐が好きな人間や嫌いな人間がいるのだろうか。とにかく豆腐と白菜を湯で煮ているだけである。だから湯豆腐というのである。もちろん1500円の湯豆腐は安いのだろうが、「原価率」という観点から述べれば、、、

京都のお寺はよく行く。たいてい、人が多くても少なくても、とにかくお堂に入ったら座ってぼーっとする。池の周りはのんびり散策する。今回は楽しむことにガツガツし過ぎた。

コロナ禍の中の非日常。これはこれでよかったのだけれど、人が少な過ぎるのも落ち着かない。伝染病が本当に収束し、外国人観光客のいるふだんの京都が戻ってきたら、もう一度竜安寺に行ってみようかと思う。そして「死亡フラグ」という言葉が頭をよぎる。

*竜安寺
仏教 臨済宗妙心寺派
〒616-8001 京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13
075-463-2216
(嵐電「竜安寺」下車、北へ徒歩7分。きぬかけの路沿い。)
管理人の訪問日:2020年5月30日
posted by HIRO at 20:11| Comment(0) | 仏教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする