2013年07月02日

保赤宮

陳氏宗祠(Tan Si Chong Su) 保赤宮 (Po Chiak Keng)
三教(仏教、道教、儒教)
Tan Si Chong Su Temple, 15 Magazine Road (S), Singapore 059568
+65 6533 2880
MRT Clarke Quay (NE5) の駅B出口から出て、Merchant Roadを西へ5ブロック、Magazine Roadを左折するとすぐ入り口がある。駅から徒歩5分。
管理人の訪問日:2012年2月23日

大きな車道脇にポツンとゴテゴテした中華風建築。このミスマッチはシンガポールでは珍しいものではない。

「もと陳氏の祠堂だったが、国の文物に指定され、対外開放する際に儒仏道の廟にした」と記してあった。

つまり、ある一族の先祖をまつるやしろだったが、それがお上にお墨付きをいただいて皆さんに見ていただくにあたって、儒教と仏教と道教のお寺にしたというのだ。

「私」のものから「公」のものになるには、シンクレティック(混淆的)な宗教を加味すべきだという発想が面白い。「近代」的感覚では「宗教」は私的領域にとどまらなければならないはずだ。

ここのご本尊は「開漳聖王」といい、陳元光という名前。福建省漳州を開いた人だから、やはり特定の地域の特定の一族と関わりがあるわけだが、以上のような経緯から、色んな神格をまつっていた。やはり、「よりオープンに」という配慮がはたらいているわけか。
【関連する記事】
posted by HIRO at 02:08| Comment(0) | 儒仏道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: