2014年04月22日

大仙楼(平遥県衙)

山西省晋中市平遥県古陶鎮衙門街77号
0354-5682909
鉄道駅「平遥」
管理人の訪問日:2014年3月27日

世界遺産の平遥古城に、昔の県衙(県役所)を再現して展示している一画がある。そこで狐仙を祀ったという「大仙楼」という建物を見た。

DSCN2927.jpg


キツネに対する民間の信仰は華北では盛んだったらしいが、かくのごとき動物霊を祀ることは、かつての中国の知識人の基準では「淫祀」となる。地方官によっては民間の建てた狐仙の祠を破壊した人もいるという。

してみると、県衙では絶対にキツネなど祀ってはいけないはずなのだが、なぜかここにはあったらしい。地方によって「淫祀」の扱いも色々だったということか。
ラベル:山西 中国
posted by HIRO at 15:22| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: