2014年06月25日

南京夫子廟

旅行会社に商業目的で運営されてる孔子廟って、、、

DSCN1459.jpg


南京で孔子を祭る廟に行った。入場券を見ると、「南京夫子廟旅游商務管理有限公司」と書いてある。「旅游」は「旅行」、「商務」は「ビジネス」、「有限公司」は「株式会社」。

中国各地の孔子廟は色んな目にあっている。行政の管理下におかれ「博物館」になっているところも多い中、おそらく最も観光地然としているのが南京の夫子廟だ。

DSCN1462.jpg


旅行客で大変ににぎわっている。廟の中がとりたててふつうの孔子廟と異なるということはないのだが、古代音楽を聞かせる部屋を設けるなど、少しエンターテイメント風。

DSCN1464.jpg


お祈りのための赤い「許願帯」が至る所にくくりつけてある。安全とか健康とか、色んなお願いがなさされているが、やはり多いのが学業成就や合格祈願だ。

周囲は完全にお祭り気分。屋台は出てるわ、遊覧船に乗れるわ、完全に観光地である。

DSCN1456 - コピー.jpg


これは、蘇州の玄妙観や西安の大雁塔などの観光開発のパターンと似ている。お参りの場所を核として旅行客が楽しむための施設を色々と造っていくというやり方。

聖なるものを中心に祝祭空間が増殖していくのは、日本にもよくある話だ。伊勢の外宮と内宮の間にある古市という場所では、昔は歓楽街で参詣者が派手に遊んだらしい。今でも京都の八坂神社界隈のことを考えると、中国の観光開発はまだお上品と言えるだろう。

とはいえ、遊興の場の核としてお参りの場がなければならないとすれば、孔子様とてご利益を受けつけざるを得ない。そういうこともあって、近年ますます受験の神様と化している。

よりによって南京で孔子様に日本を見るとは思わなかった。

*南京夫子廟
儒教
中国江蘇省南京市貢院街152
025-52855667
(地下鉄1号線「三山街」下車、徒歩15分)
管理人の訪問日:2013年8月24日
ラベル:儒教 江蘇 中国
posted by HIRO at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 儒教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック