2015年09月20日

綱敷天神社御旅社

阪急梅田駅近くのビル街に、「綱敷天神社御旅社」という小さな神社がある。阪急からロフトに行く途中、芸術劇場やH&Mがある通り沿いで、ずいぶんにぎやかな場所だ。

DSCN8090.jpg


菅原道真を祀るこの小さな神社の中に、更に摂社があって、「玉姫稲荷神社」という。縁結びにご利益のある女性の守り神との由で、可愛らしいイメージ。

DSCN8093.jpg


その鳥居前には絵馬のスペース。学問の神へのお願いも、縁結びの神へのお願いも鈴なりになっていた。

DSCN8094.jpg


「〈男性本名〉が離婚して、また私の恋人になりますように。同棲して2LDKの部屋に住めますように。結婚できますように。8月22日〈女性本名〉」

この神社では、「縁結び」方面を喧伝しているだけで、特に「縁切り」のご利益を謳っていないようだが、ここでは両者セットで祈願されているわけである。

小松和彦は「夫が新しい女と別れて自分を再び愛してくれるように」と貴船明神に参詣した和泉式部の例を引き、この種の「縁結び」が必然的に「縁切り」を伴うことを指摘している(小松 2002:90−92)。「縁結び」の神様は「縁切り」の力がなければ十分に需要を満たすことが出来ないというわけだ。

中古から続くどろどろした情念が、現代の繁華街にひょっこりと顔を出す。

DSCN8086.jpg


しかしまあ、「2LDK」とか書いているのが妙に生々しい。以前はこのモト彼と2LDKに住んでいたのかなあ、などと考えてしまう、、、

参考文献
小松和彦 2002『京都魔界案内 出かけよう「発見の旅」へ』光文社知恵の森文庫.

*綱敷天神社御旅社
神道
〒530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町12-5
(阪急「梅田」茶屋町口からすぐの所)
管理人の訪問日:2015年8月22日
ラベル:日本 大阪 神道
posted by HIRO at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック