2017年01月19日

宝塔寺

日蓮は他の教えに対して攻撃的だったというイメージがある。

とはいえ、日蓮を宗祖と仰ぐ団体にも色々とあって、それぞれのカラーは異なるらしい。有名ないくつかの新宗教以外にも、日蓮・法華系は多く、例えば「法華宗」と「日蓮宗」は違う宗教法人である。さらに「法華宗」の名を持つ教団にも複数の流派がある。また、別の名前の教団もある。

IMG_20161001_140532.jpg


宗派や教団によって「神社に対してどういう態度をとるか」の見解も一様ではない。日蓮の著作に対する解釈の違いで、神祇に対する意味づけが変わってくるようだ。

ある宗派においては、神社など悪魔の巣窟だから絶対行くなと言わんばかりで(日蓮正宗 2015)、これはこれで面白いと思う。

それに対して「日蓮宗」では、公式サイトで「日蓮宗の信徒ですが、他宗の寺院や神社へお参りしてもいいのでしょうか?」という質問に対して、「問題ありません。法華経の教えは、すべてを包み込む教えです。」と答えているから(日蓮宗 n.d.)、かなり丸くなっているようだ。

ある住職の考えでは、日蓮宗にとっての神祇は「方便=skillful means」である。江戸時代の宗教政策では、お寺の檀家は固定的なものであった。ただし、庶民の神祇信仰人気を背景に、神祇の講中(信者団体)に参加させることはできた。そこで、日蓮宗寺院も神祇を勧請することで人を集め、布教をする戦略をとったようだ(石伏 n.d.)。現在の日蓮宗が神道に対して寛容なのも、この辺りの事情と関係があるのかもしれない。

ただ、神祇信仰を認めているとはいえ、日蓮宗はそれなりに「オリジナルキャラ」にはこだわっているように思う。

例えば、京都深草の宝塔寺という日蓮宗寺院では、「七面天女」を祀っている。

この女神は弁財天と同体とされる。「弁財天」は色んな寺社で祀られている人気者だから、「弁財天」として売り出した方が多方面から参拝客を集められそうだ。しかし、そこは「七面天女」という名前にこだわるのである。

「七面天女」の「七面」はもともと日蓮宗の本部がある身延山久遠寺が所有する「七面山」という山の名前から来ている。久遠寺の守護神であり、法華経を守る神祇とされる。つまり、数ある日蓮・法華系の中でも、特に久遠寺と所縁の深い神格であり、宗派色を敢えて前面に打ち出している格好だ。

宝塔寺へ向かう道すがらも、その主張を絶えず聞き続けることになる。

IMG_20161001_151205.jpg


まず、「そうだ日蓮宗宝塔寺へ行こう」と思い立ち、最寄り駅・京阪深草で電車を降りてすぐ、駅の出口脇で、「七面大天女」と彫られた石碑を目にする。

IMG_20161001_135949.jpg


寺の方へ少し歩くと、やはり「七面大天女」と書かれた長い石柱が立っている。

他にも「七面宮参道」と彫られた道しるべがあるし、寺の前には「七面大明神」と刻まれた灯籠が立っている。

IMG_20161001_143103.jpg


大きい寺で、最初の門をくぐっても塔頭が立ち並ぶ長い道があり、なかなか本堂にたどり着けない。ようやく寺の山門をくぐったら、そこに「七面宮信者」と墨で大書された赤提灯が吊り下がっている。

本堂に着いても、七面天女を祀る社まではちょっとした登山をしなければならない。本堂の下から長い道がのびていた。

IMG_20161001_141015.jpg


途中に、法華神道でいう「三十番神」を祀る社が見える。

IMG_20161001_141102.jpg


登り切った所に七面天女を祀る「七面宮」があった。

IMG_20161001_141447.jpg


そこに「七面講中 植林」と書いた石碑があった。「七面宮信者」と書いてあった提灯はもちろん、多くの石碑も、七面天女を信仰する信徒集団=講の人たちが作ったものであろうか。必ずしも檀家でない人たちの活動が盛んで、日蓮宗も彼らを大切にしていたことが分かる。

IMG_20161001_142155.jpg


七面宮のあるエリアには、他に妙見宮もあり、稲荷社もあった。妙見は日蓮宗だけのものではないが、やはり能勢の妙見が一番有名だから、日蓮宗色が濃いように思う。稲荷は「最上位経王大菩薩」という碑が立っていたので、岡山県の日蓮宗寺院「最上稲荷」の信仰だ。

IMG_20161001_141557.jpg


熊鷹大明神・鷹義大明神・清鷹姫大神など、あまり聞かない神様の社もあった。「熊鷹社」は伏見稲荷大社にもあるし、「鷹義大明神」は京都市東山区内の曹洞宗東景寺でも見た。ただいずれも関連の有無は明らかでなく、マイナーな神々であるのは確かである。

IMG_20161001_140822.jpg


山を下りて来た所にも、やっぱり法華経に登場する浄行菩薩(水かけ地蔵の代わり)だったり、秋山白雲(痔疾を治す神)だったりと、他の宗派で見られない仏菩薩が祀られている。

IMG_20161001_142736.jpg


丸いのかとんがっているのか、妥協的なのか閉鎖的なのか、、、日蓮宗はなかなか一筋縄ではいかない。

参考文献
石伏叡齋 n.d.「神祇勧請と木釼修法」(広済寺ホームページ)
http://www.kosaiji.org/hokke/nichiren/bokken.htm
日蓮正宗 2015「6 日蓮正宗では、なぜ神棚や神札をはずさせるのか」(日蓮正宗公式サイト)
http://www.nichirenshoshu.or.jp/page/jpn/p-deta/kyogaku/shinko/shinko_6j.htm#6
日蓮宗 n.d.「仏教・仏事のQ&A」(日蓮宗公式ホームページ)
http://www.nichiren.or.jp/qa/about/

*宝塔寺
仏教 日蓮宗
京都府京都市伏見区深草宝塔寺山町32
075-641-1859
(京阪「深草」から東へ500m)
管理人の訪問日:2016年10月1日
posted by HIRO at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック