2017年12月31日

湯島聖堂

湯島聖堂は17世紀以来の徳川幕府の孔子廟だが、関東大震災で焼失して伊藤忠太が再建した。

伊藤忠太は中国建築史の泰斗だが、この湯島聖堂は何か中国風でもあり何か日本風でもあるような気がした。あるいはそういうコンセプトなのかもしれないし、江戸時代からそういうものだったのかもしれない。あるいは湯島とか神田とか御茶ノ水とか、近辺の雰囲気でそう感じるのかもしれない。

IMG_20170904_155559.jpg


手水があるのは日本の神社風だと思う。

IMG_20170904_155422.jpg


絵馬があるのも日本的なようだが、ここは逆に中国との共通点を感じてしまう。中国各地の孔子廟も似たようなもので、合格祈願の「許願帯」という赤い紐がところ狭しとぶらさがっている。

「儒教の社会的地位が変化したために官営の孔子廟が観光地になり、受験生の合格グッズを売っている」という落ちぶれ方は日中共通だ。

IMG_20170904_155757.jpg


いや、、、それでも何か日本風な気がする。中国の孔子廟とは違う気が、、、あ、、、木が多いのだ。それと高低差?中国の孔子廟は、もっとまっ平で広い土地にデーンとある。

IMG_20170904_155604.jpg


湯島とか神田とか御茶ノ水とか、現代風でありながら随所随所に江戸や明治が埋まっているような、近辺の雰囲気とよく調和している。

IMG_20170904_160403.jpg


*湯島聖堂
儒教
〒113-0034 東京都文京区湯島1−4−25
03-3251-4606
(JR「御茶ノ水」聖橋口から神田川を渡って少し北上)
管理人の訪問日:2017年9月4日
posted by HIRO at 21:18| Comment(0) | 儒教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: