2018年10月28日

八ツ橋稲荷神社

「いたずらかおごりか」

子供の頃、谷川俊太郎の翻訳で読んだ「スヌーピー」の漫画にこんなセリフが出てきたが、全く意味が分からなかった。

” Trick or Treat ! ” という言葉とそれにまつわる行事が日本で一般に知られるようになったのは、ここ十数年ではないか。

「子供が各家庭を訪問してお菓子をもらうイベント」にあまりにアメリカ的なにおいがするものだから、実家のある市内の神社に同種の祭礼が伝えられていると知った時はそのギャップにわくわくした。

八ツ橋稲荷神社1.jpg


『宝塚市史』によれば、小浜の八ツ橋稲荷神社では、初午の日に子供たちが稲荷を祭る家を回り「オイナリサンノオウマヤ」と唱えてお菓子をもらう風習があるという(宝塚市史編集専門委員編、1980:314)。

この神社に行ってみると、小学校に貼りつくように境内があった。小ぢんまりとして可愛らしく、子供の行事にふさわしい。

八ツ橋稲荷神社2.jpg


今でもこのお祭りやってるんだろうか。もしやってるなら、ここは是非「いたずらかおごりか」と唱えてほしい。

参考文献
宝塚市史編集専門委員編、1980『宝塚市史第7巻 (別編1,文化遺産)』 宝塚市

*八ツ橋稲荷神社
神道
〒665-0827 兵庫県宝塚市小浜4丁目7
(JR・阪急「宝塚」から、阪神バス「小浜」停留所下車東へ250メートル。宝塚市立小浜小学校南側。)
管理人の訪問日:2018年5月3日
ラベル:日本 兵庫 神道
posted by HIRO at 21:30| Comment(0) | 神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: