2018年11月24日

達磨大明神(上七軒)

京都五花街の一つ、上七軒の歌舞練場の近くで、「達磨大明神」なる祠を見て、どういうことかと思った。

達磨大明神.jpg


いや、達磨を宗教的に祀ること自体は一向不思議ではないのである。達磨大師はインドから中国に渡来した僧侶で、禅宗の祖である。祖師や高僧の像を造って拝むのは、大乗仏教圏各地で見られる。実際、達磨像を安置した禅寺は多い。

しかるに、これは「大師」という僧侶につける敬称ではなく、「大明神」という神につける尊称である。確かに、日本は神仏習合が盛んであるから、そういうこともあるかもしれない。しかし、「八幡大菩薩」のように神道の神格に仏教風の称号が付く場合はあっても、逆は聞いたことがない。

そもそもこれはあの禅宗の祖師達磨大師のことではないのか。達磨は日本では通常高僧ではなく、おきあがりこぼしの玩具あるいは縁起物、飾り物としてとらえられる。

『広辞苑』を引いたら、「達磨(だるま)」の意味の一つに、「下等な売春婦の異称」とある。何故?『日本国語大辞典』では「売春婦。すぐころぶところからいう。」と書いてある。売春婦はすぐ転ぶのか?「転ぶ」を『日本国語大辞典』で引いたら、「芸者、遊女、しろうと女などがひそかに売色する」とある。職業ならそうなるであろう。

上七軒の「達磨大明神」がこの意味の「達磨」だとすれば、すごい反骨精神だ。

今はもうちょっとイノセントな感じの観光地になっているが、その心は生きているのかもしれない、、、と、安全なところからきれいごとを言える有難さを噛みしめる。

*達磨大明神(上七軒)
〒602-8381 京都府京都市上京区今出川七本松西入真盛
(市バス50、203「上七軒」下車。上七軒歌舞練場近く。)
管理人の訪問日:2017年11月12日
posted by HIRO at 21:09| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: