2019年01月09日

広田神社

兵庫県西宮市の広田神社は、正々堂々たる由緒と格式を誇る神社である。日本書紀にも登場する。祭神はアマテラスオオミカミ(天照大御神)の荒魂(あらみたま)ツキサカキイツノミタマアマサカルムカツヒメノミコト(撞賢木厳之御魂天疎向津媛命)。神功皇后の三韓出兵の折、アマテラスオオミカミの神託により、荒魂が当地に祀られたのが創祀とされる。

広田神社4.jpg


平安時代に延喜式内明神大社に列し、又二十二社の中に入れられた。明治以降は官幣大社になっている。和歌に霊験ありとされた。

その、由緒と格式ある神社は、微妙な場所にある。いや、行こうと思えばすぐ行けるのだが、山裾の住宅地の中で、最寄り駅から歩いで行ける距離でもない。そういう立地の問題もあってか、近隣の生田神社や西宮神社のように色んな所から参拝者が集まってくるような様子はない。基本的にコミュニティのための神社になっているようだ。

広田神社2.jpg


確かに立派な神社で、石鳥居も大きい。その鳥居の脇にクラシックカーが何台も陳列している意図は些か図りかねた。

今は和歌に霊験ありと言ってもさほどアピールできないだろう。阪神タイガースの必勝祈願をやるとかで、例のトラのマークの絵馬の宣伝が立っていた。

広田神社1.jpg


この、試行錯誤してがんばってる感じ、一生懸命にメジャーな地位を取り戻そうともがいている感じに触れると、どうしても思い出してしまうのは、同じ西宮市内の西宮神社のことである。

西宮神社はエビス神の総本社だが、もともとこの広田神社の末社であった。西宮神社が広田神社から独立したのは1874(明治7)年だ。しかし鎌倉時代からエビス信仰で繁栄し、十日戎の三日間で百万人を集めると言われる西宮神社と広田神社とでは、その勢力の差は歴然としている。

これは広田神社側も強く意識していると思われる。広田神社で頒布している神社略記「『廣田神社』の歴史と『西宮』」では、「西宮」の地名の起源が広田神社の別称から来ていることを強調しているが、これも西宮神社への対抗心の表れではないか。「西宮」の地名は西宮神社から来ていると言われることもあるのだし(例えば小学館『日本歴史大辞典』の「西宮神社」の項)、実際に今の神社名に「西宮」を冠しているのは西宮神社の方である。

また、この神社略記では、「廣田神社の御神徳」として祭神のアマテラスオオカミ(天照大御神)について述べているが、その中に「伊弉諾・伊弉冉二尊の第一子として生まれながら、不遇の御子として流棄され、御子神の数にさえ入れられなかった蛭子命を、大黒様と並ぶ福神として、多くの庶民の崇敬を集める戎大神となしたことから、(中略)子供達の健全育成の大神として崇敬されます」という一節がある。

主語は「アマテラスオオミカミ」であり、「子供達の健全育成の大神」は「アマテラスオオミカミ」である。

これは、記紀神話で両親のイザナギ(伊弉諾)・イザナミ(伊弉冉)に遺棄されたヒルコ(蛭子)が福神のエビス(戎)になったという伝説を踏まえている。それを広田神社に祀られているアマテラスオオミカミの功績にしているところが広田神社のオリジナルである。

さらに注目すべきは、「第一子として生まれながら、不遇の御子として流棄され、御子神の数にさえ入れられなかった」という部分である。

西宮のエビス神はしばしば「戎三郎」の名で信仰された。本当は、「戎」と「三郎」は別の神だという説もあるが、ヒルコが『日本書紀』の記述においてイザナギ・イザナミの第三子であることと結びつけられた。しかし、『古事記』では第一子である。広田神社が書くように「第一子だが、数に入れられない」のであれば、「戎三郎」という言い方自体が成り立たなくなる。

ここに、西宮神社のエビス信仰に対する「悪意」とは言わないまでも、ちょっぴりほのかな意地悪を感じてしまうのは私だけだろうか。

広田神社3.jpg


さらに略記の次の下りでは、「廣田大御神の御守護を受けた、蛭子命は福神・戎大神となり、(中略)立身出世・登位昇進の大神と崇敬されます」と書かれる。「廣田大御神」は広田神社の祭神としてのアマテラスオオミカミ(天照大御神)であろう。ここでもエビスを通して広田神社の祭神のご利益が説明されているわけである。

試行錯誤してがんばってる感じ、一生懸命にメジャーな地位を取り戻そうともがいている感じ。そして、「今は分家のあちらの方が目立っているかもしれないが、本家はこちらなのだ」と主張するプライドは忘れない。

広田神社は、正々堂々たる由緒と格式を誇る神社である。

広田神社5.jpg


*広田神社
神道
〒662-0867 兵庫県西宮市大社町7番7号
0798-74-3489
(阪急「西宮北口」南口より、阪急バス甲東園行き乗車、「広田神社前」下車。) 
管理人の訪問日:2018年7月29日
posted by HIRO at 21:27| Comment(0) | 神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: