2019年06月23日

御香宮神社

「日本第一安産守護大神」とある。

御香宮神社1.jpg


祭神は神功皇后。

御香宮神社2.jpg


仲哀天皇の后にして朝鮮半島に攻め入ったという伝説上の人物である。帰国後に応神天皇を産み落としたという。

御香宮神社5.jpg


乱暴な伝説なので、神社としてはあまり表に出したくないかもしれない。今は慈母のような、ソフトなイメージを出している。しかし、これが安産の神様というのがすごい。無理をしていたのに無事に赤ちゃんを産みました、ということなのだろうが、そもそも妊娠中に戦争に行ってはいけない。

「スターリン平和賞」という言葉を思い出す。関係ないけど。

で、境内に豊臣秀吉と徳川家康の両方を祀っているのも目を引くところだ。

御香宮神社3.jpg


確かに、この神社は秀吉からも家康からも寄進を受けているし、江戸時代は徳川御三家に本殿修復を手伝ってもらっている。

東照宮は江戸時代からあったのだろうが、江戸時代は豊臣家滅亡後に秀吉を祀るのが禁止されたはずだから、秀吉の豊国社は明治以降のものである。

御香宮神社4.jpg


徳川家の恩を受けているが、鳥羽伏見の戦いでは官軍(薩摩藩)の屯所になったとの由。時代が変わっても家康を祀り続けたということは、何か罪悪感のようなものがあったのだろうか。

秀吉と神功皇后とが何つながりかは、、、まあ、、、

*御香宮神社
神道
〒612-8039 京都府京都市伏見区御香宮門前町174
075-611-0559
(近鉄「桃山御陵前」、京阪「伏見桃山」から大手筋を東進。)
管理人の訪問日:2019年5月11日
ラベル:日本 京都 神道
posted by HIRO at 19:19| Comment(0) | 神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: