2019年08月16日

浄土院(京都市左京区)

銀閣寺近辺は昔から観光客でにぎわっているのだが、銀閣寺脇にある浄土院には不思議と人が入っていない。

浄土院1.jpg


人が入っていないので私が入ってみると、アクリル板(?)で前面を仕切られたお堂にナゾの人形があった。

浄土院2.jpg


「浄土寺二位尼・高階栄子」の木像との由。

高階栄子(たかしなえいし)は平安末から鎌倉初期の人。後白河法皇に寵愛されて皇女を生み、膨大な長講堂領をその子に相続させて朝廷内に絶大な権力をふるったという。

この浄土院にあるのは彼女が浄土院の前に建っていた「浄土寺」に隠棲していた関係であろうが、わざわざナゾの人形が造られた意図はやはりよく分からない。

せっかく観光客がいっぱいいるのだから、もう少し商売っ気があってもよかろうに、と思うのは余計なお世話だろうか。とはいえ、ナゾの人形を造っているからには、多少集客をあてこんでいるようにも思われ、、、

寂しく珍寺、というのはなかなか親近感がわく。

とはいえ、大文字の送り火を管理するという由緒正しき寺である。8月16日にはいっぱい人が来るらしく、この点は親近感がわかない。

何となくこのナゾの人形がアクリル板(?)の向こうから「あーはっはっは、あーはっはっは、あーはっはっは、あーはっはっは、あーはっはっは、あーはっはっは、あーはっはっは」と高笑いしているような気がした。

浄土院3.jpg


◎浄土院(京都市左京区)
仏教 浄土宗
〒606-8402 京都府京都市左京区銀閣寺町30  
075-771-5158
(京都市営バス100号系統「銀閣寺前」、京都バス18, 51系統「銀閣寺道」等で下車。銀閣寺の入り口を入る手前で左に折れると浄土院の門がある。)
管理人の訪問日:2018年11月18日
posted by HIRO at 09:26| Comment(0) | 仏教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: