2020年01月01日

敷津松之宮

「大国町」の「木津の大国さん」として知られる神社であるが、宗教法人としては「敷津松之宮(しきつまつのみや)」。「大国主神社」はその摂社である。

木津の大国さん2.jpg


が、境内敷地の南側にある「敷津松之宮」の鳥居と東側にある「大国主神社」の鳥居を見る限り二つは同格の扱い。

木津の大国さん1.jpg


敷津松之宮の拝殿脇に大国主神社の社殿があり、中にオオクニヌシ(大国主)の木像が祀られている。大黒さんのお使いは鼠なので、狛鼠が置かれている。また、敷津松之宮の方にも大国さんの石像が見える。

木津の大国さん3.jpg


拝殿前に掲げられた祭神の木札を見ると、「主神」に「スサノオ(素戔嗚)、オオクニヌシ(大国主)」とあるが、スサノオよりもオオクニヌシ(大国=大黒)が強調されている格好だ。

オオクニヌシは記紀に登場する神格であるが、仏教の大黒天と習合して「だいこく(大国、大黒)さん」とされる。

もともとのメインは牛頭天王(スサノオと習合)だったようであるが、摂社の大黒信仰の方が盛んになり、今宮戎とセットで人気を博した。ただ、神功皇后が松の木を植えてスサノオを祀ったのが最初(神奈備 n.d.)、という設定になっているので、そちらを差し置くわけにもいかなかったらしい。

木津の大国さん4.jpg


一応日本古来の神道(あるいは神仏分離以降の神道による日本古来の神道に対する理解)では神像を用いないことになっているが、これだと図像でキャラクターをアピールするエビス大黒の信仰とは合わない。神仏分離以前だとご神体が仏像という例も多かったが、今は鏡などになっている。現在、エビスや大黒を祀る神社でよく社殿の外にそれらの神を表す石像が置いてあるのは苦肉の策と思われる。

こちらもそのご多分に漏れないのであるが、さらに摂社の中に大きなオオクニヌシの木像が安置されているのは少々珍しい(京都の熊野若王子神社には似たパターンで社殿内に木像のエビス像がある)。

人気と伝統、本音と建前を調整し、色々工夫しているということだ。

木津の大国さん5.jpg


巳さんと書かかれた巳さんが祀ってあったのが大阪らしい。

参考文献
神奈備 n.d.『敷津松之宮(大国神社)』
http://kamnavi.jp/en/settu/daikoku.htm

*敷津松之宮(しきつまつのみや)
〒556-0015 大阪府大阪市浪速区敷津西1丁目2−12
06-6641-4353
(大阪市高速電気軌道御堂筋線・四つ橋線「大国町」一番北の出口を出てすぐ。)
管理人の訪問日:2019年11月3日
posted by HIRO at 10:54| Comment(0) | 神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: