2020年02月24日

光照院

京都では「京都非公開文化財特別公開」というのを年に何回かやる。ふだん観光客が来ないような「尼門跡」の寺が見られたりする。

「門跡」というのは江戸時代までの皇族や摂関家の子弟が住職となる寺院のこと。「尼門跡」はその女性版である。

光照院.jpg


「尼門跡」光照院は浄土宗の寺。14世紀に落飾した皇女によって始められた。

高貴な人の入る格式の高い寺院、、、しかし、寺自体は小ぢんまりしていて、古めかしい、田舎の小さなおうちという風情。尼様たちが実に慎ましく生活していた往古がしのばれ、いわく言い難い物悲しさがあった。

仏殿以外に常盤会館とかいうだだっ広い建物を公開していた。入っても何の建物か分からない。何もないスペースが広がっている。ただ、赤いじゅうたんが敷き詰められ、不気味な日本人形の写真が壁に飾ってある。何ともレトロな殺風景さ。学生の案内人のたどたどしい説明によれば、昭和天皇の即位の時の晩餐会に使われた場所の一部が下賜されたものとか。

プライドだけで生きるのを強いられた人々。その残滓が町の片隅にひっそりと息づいている。

◎光照院
仏教 浄土宗単立
京都府京都市上京区新町通上立売上る安楽小路町425
075-441-2254
(地下鉄烏丸線「今出川」下車、今出川通を西進、上京区役所の西側の道を北上。徒歩10分。)
管理人の訪問日:2019年11月2日
posted by HIRO at 10:16| Comment(0) | 仏教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: