2020年03月01日

玄妙観

昔は「カイガイシュッチョー」というのは一部の人たちのものだったのだろう。今は国境など関係なく、色んな人が頻繁に往来する。「ぐろーばりぜーしょん」というやつか。

玄妙観3.jpg


私も2019年に6回中国出張した。出張で空き時間があるとお寺に行く。

蘇州に行った時も空き時間が出来たので、久しぶりに玄妙観に行ってみた。

道教正一派の大寺院である。西晋の3世紀の創建というから相当に古い。

玄妙観1.jpg


私が最初に行ったのは1992年で、そのころは門前も静かな感じだった。だんだん商業施設が増え、それなりの繁華街になった。

92年当時から最寄りのバス停は「観前街」という名前だったことを覚えている。「観前」という名前は宋代からあったらしい。昔から寺を中心とした門前の賑わいがあったのが、文革で宗教活動が停止し、改革開放以降に周囲も含めて復興していった様子を見ていたわけだ。

玄妙観2.jpg


日本でいう「門前町」という感じでもないのだが、確かに高いビルなどはなく、比較的色使いも統一されている。大手外食チェーンなどもあるが、まあまあ寺院に合った景観を考えているようである。「ぐろーばりぜーしょん」というやつか。

玄妙観4.jpg


お寺自体も商売をするようになった。2012年に行った時、拝観時間を過ぎても、門前で玄妙観が経営する金細工屋さんは開いていた。中は当然黄金一色。売る人も買う人も非常に熱心。ネックレスやらブレスレットやらだが、すべて道士が「開光」したものだという(日本風に言えば「お性根」が入っている、という感じか)。

共産党は国内の宗教団体に「以寺養寺」を勧めている。もともとは農地経営やお布施のような「搾取」なしに自活させるという「社会主義的」な意図だったのだろうが、お寺がこうまで金もうけに走るようになっては、むしろ「社会主義市場経済」にマッチしているものに見える。

玄妙観5.jpg


お寺の建物に入っている色んな土産物屋さんの類も、お寺がテナントとして貸しているものだろう。石造りのシックな寺院建築に白人風のマネキンが何ともミスマッチで楽しい。

大手外食チェーンなどは寺院に合った景観を考えているようであるが、あんまり景観なんか考えない方が中国らしくていいと思うのは私だけだろうか。

「ぐろーばりぜーしょん」は色んなものを行き来させる。私ですら「カイガイシュッチョー」するようになった。2019年は6回中国に行ったが、2020年は行けるかな。

★玄妙観
道教 正一派
中国江蘇省蘇州市平江区観前街94号
(バス1、102、146、178、202、502「観前街」下車すぐ。地下鉄4号線「監察院」下車、歩行街を東進。)
管理人の訪問日:1992年某月某日、2012年7月12日、2019年9月19日
ラベル:道教 江蘇 中国
posted by HIRO at 13:06| Comment(0) | 道教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: