2020年05月30日

竜安寺

緊急事態宣言全国的解除後の最初の週末。

外国人観光客はまだ入れない。

めったにないチャンスだから、ふだん参観者でごったがえす有名寺院に行ってみようと思い立つ。

二十五年以上前に行った時、人間の背中で壁が作られ、かの石庭が見られなかったのを覚えている。それ以来ずっと、私の中で枯山水が名高い竜安寺のイメージは「人が多過ぎて落ち着かない」だった。今こそリベンジだ。

一方で「第二波」やら「合成の誤謬」やらの言葉が頭をよぎる。本当に行ってもよいものだろうか。同じことを考えている人たちでいっぱいなのではないか?

竜安寺1.jpg


おっかなびっくり嵐電で赴けば、人はほんのり、ちらほら。全く無人で寂しいという感じではないが、だいたい周囲に二、三人しかいない。

竜安寺2.jpg


有名な石庭の前にも三、四人しか座ってなくて、十分に参観可能。後ろを見れば、薄暗い畳の間がシックな雰囲気を醸し出しており、ひっそり静か。ここぞとばかりに興奮してうろちょろうろちょろしてしまう。

竜安寺3.jpg


私の記憶の中には石庭の前の人垣しかなかったのだが、石庭の外には広大な池泉回遊式庭園が広がっている。植物も水も土地も豊富なのに、敢えて石と砂で小さな抽象芸術を作るのだから贅沢だ。池の方も非常に美しいと素直に感動し、せかせかせかせか写真を撮る。

竜安寺7.jpg


熱に浮かされたように歩いていると、湯豆腐1500円のメニューが目に入ってきた。長年京都に通学・通勤してきたが、湯豆腐とはとんと縁がない。高級料理と思っていたが、1500円で食えるものなのか。じゃあ食おう。

竜安寺6.jpg


塔頭の湯豆腐屋に入ってみれば、これがまあ雅な店構え。鯉の泳ぐ日本庭園が見えている。雅のあまり「ヒロイケお断りどすえ」と追い返されそうな勢いだが、いかんせんここも客がいなかった。

竜安寺4.jpg


20畳ほどの部屋だろうか。私が入った時は客三人。ほどなく私一人になり、あまりのゴージャスさにここぞとばかりうろちょろうろちょろ、、、

竜安寺5.jpg


うろちょろしていたら湯豆腐が出て来る。湯豆腐に縁がないために間近に見たことがなかったが、いったい湯豆腐が好きな人間や嫌いな人間がいるのだろうか。とにかく豆腐と白菜を湯で煮ているだけである。だから湯豆腐というのである。もちろん1500円の湯豆腐は安いのだろうが、「原価率」という観点から述べれば、、、

京都のお寺はよく行く。たいてい、人が多くても少なくても、とにかくお堂に入ったら座ってぼーっとする。池の周りはのんびり散策する。今回は楽しむことにガツガツし過ぎた。

コロナ禍の中の非日常。これはこれでよかったのだけれど、人が少な過ぎるのも落ち着かない。伝染病が本当に収束し、外国人観光客のいるふだんの京都が戻ってきたら、もう一度竜安寺に行ってみようかと思う。そして「死亡フラグ」という言葉が頭をよぎる。

*竜安寺
仏教 臨済宗妙心寺派
〒616-8001 京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13
075-463-2216
(嵐電「竜安寺」下車、北へ徒歩7分。きぬかけの路沿い。)
管理人の訪問日:2020年5月30日
posted by HIRO at 20:11| Comment(0) | 仏教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

吉水弁財天堂

緊急事態宣言解除の翌日、用事があって出かけ、久しぶりに四条河原町界隈を通りかかった。見たこともない光景。人通りの少なさもさることながら、日本人だけがいる京都の繁華街というのは異様である。

新型コロナウイルスが流行る前まで、八坂神社までずーっと、色んな所から来た人々で賑わっていたのに、、、

だんだん人が少なくなるのは、八坂神社を越えた辺りからだった。

以前、暇に任せてその裏手の山道をどんどん登って行った時、二十分ほど歩いた辺りだったか、なかなか素敵なお堂に出くわしたことがある。

吉水弁財天堂4.jpg


入口は石鳥居だが、建物は仏堂。奉納された赤提灯がなかなかの味を醸し出している。如何にも庶民信仰風の弁財天の祠。

吉水弁財天堂3.jpg


時宗安養寺の飛地境内・境外仏堂である。私の好きなパターンだ。

吉水弁財天堂2.jpg


お堂の周りには苔むした石塔や小祠が散在する。鎌倉時代の文化財も無造作に置かれているのが面白い。雨降りの天気もあって、暗くてじっとりじめじめ、ホラーというか、オカルトというか、なかなかの雰囲気だ。

吉水弁財天堂1.jpg


そんな寂しげな所でも、外国人観光客の姿がちらほら見えた。けっこう真面目に手を合わせて拝んだりしていているので感心していると、目があってしまった。屈強そうな色黒の人からにこやかに「コンニチワ」など言われて恥ずかしかったのを覚えている。

それ位、前は外国人観光客をよく見た、という話。

緊急事態宣言が解除されても先のことは分からない。世界中の人が海外旅行を「自粛」するようになれば、観光に依るところが大きい京都は特に地盤沈下が激しいだろうと、上司がしきりに不安がっていた。

*吉水弁財天堂(時宗安養寺の飛地境内・境外仏堂)
仏教 時宗
605-0071 京都府京都市東山区円山町474-1
(阪急「京都河原町」京阪「祇園四条」下車、四条通を東進、八坂神社を越えて、その裏手の丘をずっと登る。)
管理人の訪問日:2018年12月22日
posted by HIRO at 23:24| Comment(0) | 仏教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

仙行寺

私が大学院生の頃、ある日蓮宗の僧侶の人に、日蓮の独自性は何かと尋ねたら、「さあ、強烈な折伏主義じゃないですかね」という答えが返ってきた。では、日蓮宗よりも、むしろ日蓮系新宗教の方が日蓮の精神を継承しているではないかと問うと、あっさり「そうですね」と言われた。率直でいい人だと思った。

この寺族出身の女性は、他の寺の僧侶と結婚するために僧侶の資格を取ったという。家族も含めた俗世のしがらみを断つという出家の本義から考えれば、釈迦の仏教と隔たること甚だしい。

ただ、色んな意味で失礼なのかもしれないけれど、こういう風に状況や事情に対応して色々と変化していくことに、むしろ宗教の面白さを感じてしまう。

女性に頼る面が大きくなってきているというのも、日蓮宗に限らず各教派共通の変化であろう。だから、女性に対する配慮は現代の宗教にとって最も重要なテーマの一つである。

仙行寺3.jpg


例えば、七福神は通常、「大黒天、毘沙門天、弁財天、福禄寿、寿老人、布袋和尚、エビス」となっているから、七人のうち女性は弁財天一人だけで、明らかにバランスが悪い。

その点、雑司が谷の日蓮宗寺院が中心にやっている「雑司が谷七福神」は寿老人の代わりに吉祥天を入れ、福禄寿を「華の福禄寿」という女神にしているので、弁財天と合わせて三人が女性になる。

仏教にとっては神祇信仰はあくまで方便であるから、結局あまりまじめに考えなくてもいいのだろう。とはいえ、性別まで変えるというのはなかなか大胆である。日蓮的な厳しさや頑なさよりは、もの分かりのよさや臨機応変性が顕著ではないか。

雑司が谷鬼子母神堂でこの七福神の案内を目にして興味を覚え、「華の福禄寿」を祀る仙行寺に行ってみた。

仙行寺1.jpg


行ってみたら、でかいビルだった。ビル型納骨堂である。いや、なかなかでかかった。外観はマンションのようだ。

そのビルの薄暗い一階の一角、ガラスケースの中に「華の福禄寿」が鎮座している。なかなか可愛らしいゆるキャラ的な女神像。結構子供受けするかもしれない。もともと爺さんを女性キャラにするという発想自体が、漫画やアニメのノリである。

仙行寺2.jpg


近くにシックな大仏も安置してあった。薄暗いビルの一室にぬぼーっと浮かび上がる感じは独特の凄みを感じさせる。

上の階には行かなかったけれど、老人が参拝しやすいような納骨場所が立ち並んでいるのだろう。

雑司が谷鬼子母神堂のあざといまでのレトロぶり、昭和臭さとは対照的。ただ、レトロ演出もビル型納骨堂も、二つながらに仏教寺院が一生懸命現代社会に対応していこうとする試行錯誤の一環なのに違いない。

すぐ近くには、教義的にもっと厳格で頑なさを売りにしている別宗派の法華系寺院があり、そういうコントラストも妙に面白かった。

各種各様、色々と企業努力している感じ。日蓮の独自性とは何かと問う一般人の気楽さとは比べ物にならない苦労があるのだろう。

外野で勝手に面白がっているのは失礼なのかもしれないけれど、、、

*仙行寺
仏教 日蓮宗
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2丁目20−4
03-5928-3213
(東京メトロ有楽町線「東池袋駅」1番出口より徒歩4分。グリーン大通を池袋方向に進み、東池袋の交差点を超えてカフェ・ド・クリエで左折、直進してシアターグリーン通の所で右折、シアターグリーンの隣。)
管理人の訪問日:2019年1月18日
posted by HIRO at 09:32| Comment(0) | 仏教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする