2015年03月28日

上海清真女寺

上海の豫園近くを歩いていて、「清真女寺」というのを目にした。女性用のモスク、ということであろう。

DSCN0768.jpg


これはあんまりイスラム圏にないイスラムのパターンじゃないかと思う。松本ますみによれば、多くの地域のモスクでは女性は排除あるいは分離させられていて、主導的な役割は与えられない。しかし、清代中期から河南、河北、山東などを中心に、女性中心のモスクやイスラム学校が運営されるようになった。これは中華世界でイスラム教徒が圧倒的に少数者である情況が背景にあるという(松本 2012:168-172)。

ただし、中国でもイスラム教徒の多い西北では女性用モスクは存在しなかったそうだ(Ibid:170)。上海ではイスラム教徒は十分に少数派。だから女性用モスクも存在する、ということか。1920年からという。

マイノリティ集団の女性がマイノリティゆえに存在感を増す、というのは自明なことではない。しかしいくつか思い出すことがある。

一つは何年か前に聖公会の神父さんに聞いた話のこと。女性司祭を認めるかどうか、という議論で聖公会はもめにもめたのだが、教会活動はすでに女性信者が中心的な役割を果たしていたために、全く違和感を持たない人も多かった、というのだ。

キリスト教全体の歴史から見れば、女性差別は激しかったのだろうが、信者が人口の1%以下という日本の情況においては、必ずしもそうではない。

また、ヨーロッパでイスラム教徒女性のベール着用が問題になっていることが思い出される。マジョリティの白人が、髪を覆うベールはイスラムの女性差別の象徴だと騒ぎ立て、フランスなどで禁止されている。時々若い移民系の女性が「表現の自由だ」と言ってベールを着て逮捕されるという逆説。

マイノリティを差別したかったら、「彼らの文化は差別的だ」と言えばいいのか。解釈権があるのはマジョリティで、「あっちが差別的だから」と言えば自分たちの差別は免罪されるという理不尽。

「ナニナニ教はこんなだ」とは言えない。その「ナニナニ教」がどのようなコンテキストに置かれているのか、を見ないと。

参考文献
松本ますみ 2012「回族の女寺と女学」中国ムスリム研究会編『中国のムスリムを知るための60章』明石書店.

*上海清真女寺
イスラム教 スンニ派
中国上海市黄色浦区小桃園街24号
(地下鉄9号線「豫園」より徒歩10分)
管理人の訪問日:2013年5月4日
posted by HIRO at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イスラム教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

南城清真寺

カリフ制を支持するイスラム学者・中田考の著書を読み、軽い違和感を覚えた。「ムスリムはラーメンを食べないと思う」と書いていたから。

DSCN2354.jpg


「日本にいるムスリムは豚骨ラーメンどころか、ラーメン一般を食べないと思います。たいていチャーシューがのっていますから。それならチャーシュー抜きならどうか。そうなると、『クルアーン』と『ハディース』を精読して、預言者が伝えた神意の意味をどう解釈するか、考え抜かなければなりません。」(中田 2015:52)

しかし、私にとっては「ムスリムといえばラーメン、ラーメンといえばムスリム」だ。

中国では、全国津々浦々どこの街に行ってもほぼ必ず回族が経営するラーメン屋がある。もちろん「ハラール」。イスラムで許された食材のみを使うレストランだ。本当にどこに行ってもあり、都市の景観の一部になっている。

回族と回族のイスラム文化は、あまりにも中国の都市の風景に溶け込み、埋没してしまうような場合さえある。

DSCN2352.jpg


昆明で見たモスク、「南城清真寺」は繁華街の喧騒――アイスクリーム屋のパラソル、靴のセールのお知らせ、ホテルの電光掲示板、派手な色合いの看板、、、――の中に埋もれかけていた。入口で白い帽子の若い女性がハラールのスナックを売っているのが、わずかにイスラム色を感じさせる。

現在、政府機関に近い「昆明市イスラム協会」というのが置かれているこのモスク。ここまで中国社会に溶け込むには紆余曲折があったようだ。19世紀に雲南の回族が清朝政府に反乱を起こした時に、このモスクは軍隊によって破壊されている。その後、壊した側であるはずの清朝の役人が再建した(馬 2009)。

また、外から見ただけではわからないが、このモスクにはアラブ語、ペルシャ語だけでなく、中国語で書かれた多数のイスラム教典籍が蔵されているという(Ibid)。中国語の典籍は、馬徳新など「回儒」と呼ばれる学者たちによるもの。彼らは中国の儒教とイスラムとの接合を図った人々だ。巨大な文明の中の異分子として、避けて通れない仕事だったのだろう。

つまり、このモスクは中国の風土に根付いた、中国人のためのモスクなのである。良くも悪くも、、、

ある宗教が民族も国家も超越した理念を志向していたとしても、その地域の文化を受け継ぎ、周囲とどのように共存するのかを考えなければ、その環境で生きていくことは出来ない。

中国から帰国して、蘭州ラーメンが恋しい今日この頃、、、

参考文献
馬恩信 2009「昆明南城清真寺」『伊斯蘭之光』
http://www.norislam.com/?viewnews-7314
中田考 2015『イスラーム 生と死と聖戦』集英社新書.

*南城清真寺
イスラム教 スンニ派
中国雲南省昆明市正義路16号昆明穆斯林大厦B座
(バス2路「文廟」下車。人民中路から正義路へ入り、南下。)
管理人の訪問日:2014年2月2日
posted by HIRO at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イスラム教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

マスジド・ハジャ・ファティマ

シンガポールに住んでいた時、地下鉄ブギズの近くの有名なモスクに行ってみた。

白亜の殿堂、という感じのところ。大きい。

少女漫画から抜け出たようなお兄さんが応対してくれた。礼儀正しく、物腰柔らかにあいさつ。私がどこから来たのかと聞き、日本からだと言うと、日本語の説明書もありますよ、と説明書の場所まで案内してくれた。

モスクの建物もそのお兄さんも、シンガポールそのものみたいに清潔感にあふれ、きれいでゴージャスだった。写真は撮ってないが、何かキラキラした感じだけが頭に残っている。

宗教のイメージ戦略はとても大切だと思う。素人の部外者は、その宗教の信者全体に対する見方を、ちょっとした思い出で決定するから。私みたいに。

*マスジド・ハジャ・ファティマ
Masjid Hjjah Fatimah
イスラム教 スンニ派
4001 Beach Rd., Singapore
+65 6297 2774
(地下鉄東西線「Bigis」より徒歩15分。)
管理人の訪問日:2012年1月23日
posted by HIRO at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | イスラム教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする