2020年05月23日

新日吉神宮

大阪の大宮神社で江戸期の豊臣秀吉像が発見された。

秀吉は死後豊国社に神として祀られるが、1615年、徳川の世になってその神号は剥奪された。秀吉の神社が復興したのは明治になってからである。

http://gompa.seesaa.net/article/440832688.html

今回発見されたのは17世紀か18世紀の木像で、1615年の禁制以降の作である可能性が高い。関西大の長谷洋一教授(日本彫刻史)は「江戸時代の隠れた秀吉信仰を知る貴重な手がかりだ」と言っている(読売新聞 2020)。

新日吉神宮1.jpg


この神社には行ったことがない。ここで思い出すのは少し前、京都の新日吉神宮を訪れた時のことである。

新日吉神宮2.jpg


祭神は日吉山王七神と後白河天皇。まあ、それはいい。日吉丸とも関係があるのだ。

新日吉神宮3.jpg


摂社に豊国神社というのがあって、豊臣秀吉を祀っている。それはいいのだが、神社内で見られる説明では、これを「1615年豊国社が廃止された時ひそかにご神体を遷して祀った」と主張していた。確かに阿弥陀が峰のもとの豊国社は距離的に近くだが、、、

新日吉神宮4.jpg


私の当時の日記には「本当かな、後からいくらでも言える」と書いてある。

徳川の世が終わり、明治になって秀吉の再顕彰が行われた。その時になって「実は江戸時代もずっと秘密裏に秀吉を祀っていたんですよ」と名乗り出る。明治になってからだと危険性がないばかりかむしろ徳川幕府を倒した当時の政権に対するアピールになるし、捏造だって簡単だ。「創られた伝統」というやつではないか。

、、、と、思ったのだ。

だが、「江戸期のひそかな秀吉信仰」というのは本当にあった。独り脳内で鬼の首をとるのも簡単である。どうやら冷笑され、嘲笑されるべきは筆者のようですね。ふう。

まあでも、、、とは思うのだ。異なる見方もできるかもしれない。

大阪市のホームページでは、今回見つかった大宮神社の木像と、18世紀末から19世紀初めにかけての『絵本太閤記』を通じた秀吉ブームとの関連を指摘(大阪市 2020)。出版物やら浄瑠璃やらのサブカル的な流行が起源なら、「大阪落城から幕府の目を盗んでどうのこうの」という歴史ロマンとはだいぶイメージが違う。

新日吉神宮の言ってるのは、「1615年からひそかにずっと」である。阿Qは中国人の専売特許ではない。「精神的勝利法」の亡者の脳内で、鬼の首が又ふつふつと頭をもたげる。

新日吉神宮5.jpg


大宮神社の木像は、新型コロナウイルスの問題が落ち着けば一般公開が検討されるというから、是非見に行きたい。

参考文献
大阪市 2020「報道発表資料 全国最大級の豊臣秀吉像(豊国大明神像)が大阪市内で新たに発見されました」『大阪市』
https://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/kyoiku/0000501862.html
読売新聞 2020「大阪の神社に秀吉の木製坐像、江戸期最大級…「隠れた信仰知る貴重な手がかり」」『読売新聞(電子版)』2020.5.22.
https://www.yomiuri.co.jp/culture/20200522-OYT1T50143/

*新日吉神宮
神道
〒605-0932 京都府京都市東山区妙法院前側町451−1
075-561-3769
(市バス「東山七条」下車。妙法院と智積院の間の小さい道を東へ徒歩約5分。)
筆者の訪問日:2018年12月22日
posted by HIRO at 11:59| Comment(0) | 神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

飛行神社

去年まで時々出張に行かされた。中国や北海道に行く時は、宝塚の自宅から関空まで行って飛行機に乗る。大阪から関空まで乗るリムジンバスには、「飛行神社」の広告が出ていることが多かった。この飛行神社には行ったことがある。

飛行神社1.jpg


少し前、石清水八幡宮に行った日のこと。夕方近くになり、さて帰ろうかと駅の近くまで来ると、何やら「エジソン通り」という標識が目に入る。

エジソンが石清水の竹を使って電球を作ったのに由来しているのだろう。それにしても「エジソン」という名前には心を乱される。特別な思いがあるからだ。気が付くと、何となく「エジソン通り」を歩いていた。

エジソンが偉い人なのは常識だ。彼が子供の頃非常に変わっていて、小学校を退学になったのも有名だ。それで、「一見変わった人というのは実は天才かもしれない、個性というのは大切にされるべきだ」という話にエジソンが使われることは多い。私の小学校の時の校長先生も、確か朝礼でエジソンネタを使っていた。

又、「エジソン」と聞いて思い出すのが、前職の上司と交わした会話のことである。彼は筆者に対して、「君は天才肌だね」と言った。それに対して「天才じゃない天才肌ぐらい悲しいものはないですね」と返したところ、その上司も含めて周囲の人が実に楽しそうに大笑いしたのだ。

確かに「一見変わっているが実は天才」という人はいるのだろう。しかし、一見「変わっているが実はすごいかもしれない人」に見えるにもかかわらず、「ただコミュニケーションが下手で立ち振る舞いが奇妙、物事の様々な局面において不器用というだけで、知性的には凡庸極まりない人」というのは、「一見変わっているが実は天才」という人と比べ物にならない位数が多い。

そういう人にとっては、エジソンのエピソードなんて、残酷なだけではないのか。

「エジソン通り」に身を置いているのが辛くなり、右折して南下。しばらく行くと、瀟洒な洋館が見えてきた。

飛行神社2.jpg


「飛行神社」と書いてあるが、全然神社に見えない。

何だこれ?入口のところの由緒書を見る限りでは、1891年に飛翔実験に成功した二宮忠八なる人物が飛行殉難者のために建立した神社とある。京阪電車でもらった「八幡さんぽ」というパンフレットには「世界で初めて飛行原理を発見した」と書いてある。

持ち歩いている辞書によれば、二宮忠八(1866〜1936)は1890年代にゴム紐でプロペラを回す紙製模型飛行機を試作した人物。日清戦争に従軍中、飛行機研究の重要性を軍に具申したが却下、その後製薬会社を経営しながら飛行機の研究を続けたが、1903年にアメリカでの飛行成功を知って断念した、との由。

ははあ、、、さてはこいつ、エジソン、いやライト兄弟になり損なったご仁か、、、結局天才ではなく、二流の夢想家だろう。しめしめ、、、阿Qは中国人の専売特許ではない。劣等感から「精神的勝利法」の亡者になっていた私は、ふらふらと吸い寄せられるように飛行神社に入っていった。

飛行神社3.jpg


入ってみると、飛行機の部品がいっぱい展示してあった。「原理」や「実験」にとどまった二宮の無念の表れか。

飛行神社4.jpg


鳥居の奥にパルテノン神殿風の建築があり、神殿の中に普通の神社の祠が三つ並んでいる。

飛行神社5.jpg


祭神はニギハヤヒノミコト(饒速日命)、航空殉難者、薬祖神等。

ニギハヤヒは「天空神」で「古代の飛行神」として祀られている。天孫降臨に先立って天から降りてきて、在地豪族の妹と結婚したが、後にこの豪族を殺して神武天皇に帰順した。倫理的にどうかと思うが、天皇家的には善玉キャラである。この人が天から来たときに使ったとされる「天盤船(あまのいわふね)」を飛行機に見立てているのである。

飛行機の話と直接関係ないが、「薬祖神」を祀っているのも興味深い。二宮忠八は製薬の仕事をしていたから、この職能神を祀った訳だ。類例は他でも見られる。

http://gompa.seesaa.net/article/474292365.html
http://gompa.seesaa.net/article/405269919.html

つまり、「破れた夢」についてだけがテーマではない。実行した事業に関するテーマも入っているのだ。

洋館に神社というミスマッチがなんともおしゃれで、ただ建物として見ただけでも非常に立派である。

ここではたと気が付いた。ここまでのものを造れるぐらいだから、本業の製薬業でかなり成功した人なのだろう。お金がなかったら、リムジンバスに広告は出せない。

そもそも、あと一歩の所で飛行機の発明にこぎつけそうだった日本人、というのは当時のナショナリズムをくすぐったのではないだろうか。そして、本人もその物語を上手に利用したに相違ない。

二宮忠八は、確かにエジソンになり損ねたかもしれないし、天才というほどではなかったのかもしれない。しかし、コミュニケーションが下手で物事の様々な局面において不器用なタイプではない。それなりに時代の心をつかみ、如才なくたちふるまって富をなした人物と見える。天才肌のくせに天才じゃない悲しい奴とは違うのだ。

大金持ちの偽エジソンに精神的敗北を喫し、筆者はすごすごと宝塚へと帰って行った。

新型コロナウイルス感染拡大のため、今は外出自粛中。小人閑居して不善はなさないが、悶々と妄想する。去年まで時々飛行機に乗ったけど、今年はどうなるんだろう。そういえば、関空に行く時はよく飛行神社の広告を見たな、、、そしてエジソンと偽エジソンに思いを馳せる。

◎飛行神社
神道
〒614-8002 京都府八幡市八幡土井44
075-982-2329
(京阪本線「石清水八幡宮」下車、「エジソン通り」東進、つきあたりの南北の道を少し南進。)
管理人の訪問日:2018年10月27日
posted by HIRO at 17:38| Comment(0) | 神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

今宮神社

少し前のことだが、「玉の輿」祈願だらけに違いないという独断と偏見のもとに、紫野の今宮神社に行ってみた。

今宮神社1.jpg


東京の今戸神社では恋愛祈願だらけだったから、あながち的外れな予想でもあるまい。実際、低い身分から将軍の生母まで上り詰めたとされる「お玉」ゆかりの神社で、盛んにそれを宣伝している。

http://gompa.seesaa.net/article/463526870.html

ただ、じっくりと絵馬を観察してみると、祈願内容は意外に多様であった。確かに恋愛成就を願うものは比較的多かったが、明確に「玉の輿にのれますように」と書いてあったのは、私がその時見た中では二つしかなかった。中には「今の人と別れてもっといい人と結ばれますように」というものもあり、縁切りと縁結びは表裏一体なのであるなあとしみじみと気づかされる。

今宮神社3.jpg


恋愛関係以外に合格祈願もあり、又病気回復祈願も多かった。

主祭神はオオナムチノミコト(大己貴命)、コトシノヌシノミコト(事代主命)、イナダヒメノミコト(稲田姫命)。境内摂社により古い伝承を持つ疫神社があり、こちらはスサノオノミコト(素戔嗚命)を祀る。

今宮神社4.jpg


ルーツを考えれば、「病気回復」が本来のご利益らしい。

神社のホームページによれば、994年に船岡山で疫病を鎮めるための「御霊会(ごりょうえ)」が行われ、疫神を1001年に現在の地に遷して祭礼が行われ、これが神社の創祀となったという(紫野今宮神社 n.d.)。

今宮神社5.jpg


この神社の花やかな「やすらい祭り」も、本来の趣旨は疫病除けである。鉾や花傘を持った人々の行列が練り歩き、赤と黒の鬼が笛や太鼓に合わせて踊る楽しいお祭りで、風流を凝らし歌舞することで疫病厄災を祓うことを願う。

これは「鎮花祭」の一種という。花の散る頃に疫病神も分散して疫病を流行させると考えられたことから、これを鎮めるために行われる祭りである。

美と残酷さが表裏一体になった、凄まじいコンセプト。

今年のこの祭りは新型コロナウイルス拡大のせいで中止になったというから皮肉である。

今宮神社2.jpg


関西のスサノオノミコトの神社は、神仏習合の時代はほとんど疫病除けの神・牛頭天王の社であった。現代にまさか伝染病がここまで流行るとは思っていないので空前絶後の気分になるが、牛頭天王系の神社の多さを思うにつけ、昔はこういうことが頻繁にあったのだと気づかされる。

参考文献
紫野今宮神社 n.d.「歴史」『紫野今宮神社』
http://www.imamiyajinja.org/history/

*今宮神社
神道
〒603-8243 京都府京都市北区紫野今宮町21
075-491-0082
(市バス46番『今宮神社前』下車すぐ、1番・12番・204番・205番・206番・北8番・M1番『船岡山』下車 徒歩7分)
管理人の訪問日:2018年11月24日
posted by HIRO at 23:14| Comment(0) | 神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする