2020年03月29日

薬祖神祠

阪神間の人間には兵庫県という区分けより摂津の国という枠組みの方がリアルなので、府県の境を越えるなと言われても如何ともしがたい。ましてやそこから山城の国まで毎日行っている身としては大変辛いものがある。

不要不急の外出は自粛せよとのこと。仕事に行くのは許されるらしいから、仕事のついでにちょっと寄り道するぐらいはいいのだということに決める。寺社めぐりは私のわずかでささやかかつ慎ましやかな楽しみだ。

薬祖神祠4.jpg


帰りは地下鉄四条まで乗ればいいのだが、一駅先の烏丸御池で降り、少し歩いて二条通りと両替町通りの交差点近辺まで行く。かつては薬問屋が集まっていたとの由。

薬祖神祠2.jpg


神社そのものというよりは、左右の建物のレトロぶりに感心した。

薬祖神祠は薬屋の同業者組合の祠で、祭神はヒポクラテスと炎帝神農とオオナムチノミコト(大巳貴命)とスクナヒコナノミコト(少彦名命)とオオクニヌシノミコト(大国主命)である。

薬祖神祠3.jpg


ヒポクラテスを祀っているというのも、もうつっこむ気にもなれない。まあだいぶ前から知っていたし、、、

薬屋の伝統的な職能神としては中国の神農だったんだろう。大阪の道修町にも神農を祀った神社がある。
http://gompa.seesaa.net/article/405269919.html

それよりも、左右の建物のレトロぶりに感心した。

コミュニティに埋め込まれるように神社が建っているのは、京都ではよく見る風景だ。

薬祖神祠1.jpg


存在自体は30年ぐらい前から知っていて、30年ぐらい前からいつか行こうと思っていて、ふだん使っている通勤定期の範囲から一駅先まで乗ればすぐ行けるぐらい手軽に行けるので、逆にずっと行っていなかった神社。今世の中で病気のことが話題になっているな、何か病気がらみの神社に行ってみようかな、と思って、何となく足を向けたのである。不要不急の外出は自粛せよとのことだったが、仕事のついでにちょっと寄り道するぐらいはいいのだということに決めて。

アジア中どころか世界中に悲壮感が漂う中、しょぼい中年のしょぼい楽しみが何とかぎりぎり守られている幸せをかみしめる。

珍しく、賽銭をあげてしまった。25円。

*薬祖神祠
〒604-0855 京都府京都市中京区東玉屋町
(地下鉄「烏丸御池」下車、駅の北側、二条通りと両替町通りの交差点を少し西に入る。)
筆者の訪問日:2020年3月28日
posted by HIRO at 10:40| Comment(0) | 神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

京都新阪急ホテル屋上の神社

京都駅の駅前でバスを待っていると、新阪急ホテルの屋上に小さな鳥居が見えた。

新阪急ホテル.jpg


あれもお稲荷さんだろうか。

*京都新阪急ホテル屋上の神社
神道
〒600-8216 京都府京都市下京区東塩小路町 JR京都駅烏丸中央口正面
075-343-5300
(JR京都駅烏丸中央口正面)
管理人の訪問日:2019年8月31日
ラベル:神道 日本 京都
posted by HIRO at 22:39| Comment(0) | 神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

敷津松之宮

「大国町」の「木津の大国さん」として知られる神社であるが、宗教法人としては「敷津松之宮(しきつまつのみや)」。「大国主神社」はその摂社である。

木津の大国さん2.jpg


が、境内敷地の南側にある「敷津松之宮」の鳥居と東側にある「大国主神社」の鳥居を見る限り二つは同格の扱い。

木津の大国さん1.jpg


敷津松之宮の拝殿脇に大国主神社の社殿があり、中にオオクニヌシ(大国主)の木像が祀られている。大黒さんのお使いは鼠なので、狛鼠が置かれている。また、敷津松之宮の方にも大国さんの石像が見える。

木津の大国さん3.jpg


拝殿前に掲げられた祭神の木札を見ると、「主神」に「スサノオ(素戔嗚)、オオクニヌシ(大国主)」とあるが、スサノオよりもオオクニヌシ(大国=大黒)が強調されている格好だ。

オオクニヌシは記紀に登場する神格であるが、仏教の大黒天と習合して「だいこく(大国、大黒)さん」とされる。

もともとのメインは牛頭天王(スサノオと習合)だったようであるが、摂社の大黒信仰の方が盛んになり、今宮戎とセットで人気を博した。ただ、神功皇后が松の木を植えてスサノオを祀ったのが最初(神奈備 n.d.)、という設定になっているので、そちらを差し置くわけにもいかなかったらしい。

木津の大国さん4.jpg


一応日本古来の神道(あるいは神仏分離以降の神道による日本古来の神道に対する理解)では神像を用いないことになっているが、これだと図像でキャラクターをアピールするエビス大黒の信仰とは合わない。神仏分離以前だとご神体が仏像という例も多かったが、今は鏡などになっている。現在、エビスや大黒を祀る神社でよく社殿の外にそれらの神を表す石像が置いてあるのは苦肉の策と思われる。

こちらもそのご多分に漏れないのであるが、さらに摂社の中に大きなオオクニヌシの木像が安置されているのは少々珍しい(京都の熊野若王子神社には似たパターンで社殿内に木像のエビス像がある)。

人気と伝統、本音と建前を調整し、色々工夫しているということだ。

木津の大国さん5.jpg


巳さんと書かかれた巳さんが祀ってあったのが大阪らしい。

参考文献
神奈備 n.d.『敷津松之宮(大国神社)』
http://kamnavi.jp/en/settu/daikoku.htm

*敷津松之宮(しきつまつのみや)
〒556-0015 大阪府大阪市浪速区敷津西1丁目2−12
06-6641-4353
(大阪市高速電気軌道御堂筋線・四つ橋線「大国町」一番北の出口を出てすぐ。)
管理人の訪問日:2019年11月3日
posted by HIRO at 10:54| Comment(0) | 神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする