2019年12月01日

御津八幡宮

心斎橋となんばの間。とにかく立地がいいので、人がどんどん入って来る。

御津八幡宮.jpg


外国人観光客も多く、絵馬も韓国語あり、英語あり、、、

他の神社でも思うのだが、彼らは私などよりよほど作法に忠実である。中国人の若者グループが寒いのに手水で手を洗っていた。

*御津八幡宮
神道
〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋2丁目10−7
06-6211-8655
(地下鉄御堂筋線「心斎橋」あるいは「なんば」。御堂筋から三菱UFJ銀行西心斎橋支店の北側の道を西進、一つ目の角を左折して南下。アメリカ村。)
管理人の訪問日:2019年1月4日
ラベル:大阪 神道 日本
posted by HIRO at 20:42| Comment(0) | 神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

北海道神宮

今の神社は外国人観光客を非常に意識していて、おみくじなども外国語で書いたのを売っていることがある。

北海道神宮3.jpg


北海道神宮では「台湾語」おみくじなるものを売っている。引いてみれば「要注意感冒和消化系統的疾病、只要早日治療、不會有大問題」云々と書かれていた。

台湾人でなくとも少し漢文ができれば読めるようだが、敢えて「台湾語」として繁体字のくじのみ売るからには、大陸よりも重視している格好だ。あるいは神社関係者なりのイデオロギー的要素があるのかなどと益体もないことを考える。

ただ、境内には本当にたくさんの中国系観光客が来ていて、当然だが今は大陸からの旅行者の方が多いと思われる。実際、お守りの広告のチラシは繁体字版も簡体字版も置いてあった。

北海道神宮4.jpg


数だけ考えたらおみくじなどもむしろ大陸の方を重視するのが合理的であろう。

絵馬を見れば、日本語以外に色んな言葉で書かれており、中国語は繁体字のも簡体字のもある。

繁体字の中に「悪法が撤回されますように」という香港人の祈願を見つけ、以前別の神社に「雨傘革命が成功しますように」と書かれた絵馬があったのを思い出す。

http://gompa.seesaa.net/article/415163317.html

まあ数だけ考えるのもひどい話だ。色々と配慮するのがよろしかろう。

北海道神宮1.jpg


*北海道神宮
神道
064-8505 札幌市中央区宮ヶ丘474
011-611-0261
(地下鉄東西線「円山公園」下車、西へ徒歩15分)
管理人の訪問日:2019年8月11日
ラベル:日本 神道 北海道
posted by HIRO at 22:42| Comment(0) | 神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

菅原院天満宮神社

菅原道真の生誕地とされる所は複数あって、『京の霊場』というサイトでは七か所の寺社を挙げている(『京の霊場』管理人 2016)。

ただ、立地からして御所の近くの菅原院天満宮神社が有利ではないか。七か所全部行ったわけではないが、京都市内の別の「生誕地」、菅大臣神社は地元の人以外が来ることもなさそうで、ひっそりしていた。

http://gompa.seesaa.net/article/460175129.html

こちら菅原院天満宮神社は菅原道真親子三代の邸宅跡とされ、道真が産湯をつかった井戸とされるものがある。

菅原院天満宮神社1.jpg


恥ずかしげもない嘘臭さがいいなあ、と思う。

菅原院天満宮神社2.jpg


小ぢんまりしているが、観光客もたくさん来ていて賑やかな感じ。産湯の井戸以外にも、癌封じやはれものにご利益がある神様が祀ってある末社とか、色んなものが詰まっている。

菅原院天満宮神社3.jpg


末社の一つとして、「地蔵社」とされた社に神道の御幣つきで、仏教の大日如来が祀ってあり、「祭神 天道大日如来(出世石神)」と書かれているのも面白い。横にはさらに石地蔵が並んでいるのもとても面白い。

いや、大日如来が地蔵菩薩と似たものとして扱われている点、石に宿った何らかの霊とされている点、仏教でも神道でも関係がない点、、、これらは異とするに足りないのだ。一つの祠に地蔵菩薩と大日如来の石仏が同居している例も神社に石仏が祀られていている例も見たことがある。

http://gompa.seesaa.net/article/419634380.html
http://gompa.seesaa.net/article/440416477.html
http://gompa.seesaa.net/article/414432293.html
http://gompa.seesaa.net/article/411419017.html

ただ、「地蔵社」という祠に大日如来「だけ」が祀られていて、地蔵菩薩は横にむき出しになっているというのは、実はちょっぴりほのかにシュールな光景ではないだろうか。

菅原院天満宮神社4.jpg


参考文献
『京の霊場』管理人 2016「道真生誕地」『京の霊場』
http://kyonoreijo.sakura.ne.jp/kkr/kt/kkrkt-seitan.htm

*菅原院天満宮神社
神道
〒602-8021 京都府京都市上京区 下立売下ル堀松町406
075-211-4769
(地下鉄烏丸線「丸太町」下車、2番出口から烏丸通を北上、徒歩5分。)
管理人の訪問日:2018年12月8日
posted by HIRO at 20:45| Comment(0) | 神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする